月刊バスケットボール8月号

日本代表・豪州戦後一問一答、渡邊雄太、残り2試合「40分間やりきれるかどうか」【W杯バスケ】

渡邊「残り2試合、絶対勝たなければいけない試合が続く」


8月29日、「FIBAワールドカップ2023」1次ラウンド・グループE最終戦のAKATSUKI JAPAN日本代表(FIBAランク36位)は、オーストラリア代表(同3位)戦に89-109で敗戦。グループ3位となって2次ラウンド進出を逃し、17位〜32位決定戦に進むことになった。

【動画】渡邊雄太オーストラリア戦ハイライトをチェック


試合後の記者会見にはトム・ホーバスHC、渡邊雄太が出席。渡邊は相手について「前半、彼らは我々より走り、リバウンド争いやカットの数、50-50のボール争いで上回りました。それはあってはならないこと」と反省を語ると後半はやるべきことをやって追い上げたとコメント。それでも「(勝利するためには)20分では足りない。40分間、続くようにしたいと思います」と語った。一方、ホーバスHCも後半の追い上げについて「我々の努力とプレーを誇りに思っています」と語ったうえで、同様に「ドイツやオーストラリアのようなチームに勝つには、20分の頑張りでは足りません」と語った。

またチームの現状について、ホーバスHCはハードルをクリアしていって強くなっていった女子代表を例にあげて「このチームはそういった道を100%歩んでいます。ロッカールームにいる全員がお互いのために動いている。みんな同じ目標に向かっているし、時には今日のようなこともある。しかし、こうした戦いから私たちは学び、より強くなっていくんだと思います」と男子代表はそのステップを踏んでいると語った。

1次ラウンドは終わったものの、日本代表の戦いが終わったわけではない。中国*が本日21時から行われるプエルトリコ戦に勝利し、得失点差で上回って1次ラウンド・グループB2位なることがなければ、17位〜32位決定戦でのオリンピック出場権争いは続く。
*=2試合終了時点で中国の得失点差-62。3位の南スーダンがセルビアに敗れ、中国がプエルトリコに26点差以上で勝利しないと2位になれない。

その戦いに向けて、渡邊は「残り2試合、絶対勝たなければいけない試合が続くので、40分間やりきれるかどうかだと思っています」と語っている。

※次ページから記者会見の一問一答



文/広瀬俊夫(月刊バスケットボールWEB)

PICK UP

RELATED