月刊バスケットボール8月号

NBA

2024.04.23

サンアントニオ市長ロン・ニレンバーグが語るスパーズとチャンピオンシップ・シティーの魅力

サンアントニオというと、NBAを観ない人にとってはあまり馴染みのない街かもしれない。サンアントニオ・スパーズが1999年から2014年までに5回優勝した経過と並行し、街の名前はNBAファンには覚えられたかもしれない。しかし、ニューヨークやロサンゼルスと比べると、やはり「田舎街なのでは?」というイメージが先行してしまう人が多いのも現実ではないだろうか。


しかし実は、サンアントニオは2018年から2019年の人口増加数がアリゾナ州の州都フェニックスに次いで全米2位だった(米国勢調査局の調べでは約151.2万人から1.9万人増えて約153.1万人)。2020年から2021年にかけても、全米の主要な都市の中でサンアントニオの人口増加は最大級だ。

人が増えれば、街もおのずと活性化する。

今回はサンアントニオのロン・ニレンバーグ市長に、街の成長や魅力、そして街にとってスパーズは何を意味しているのか等について尋ねてみた。
※今回のインタビューは2024年3月27日にサンアントニオ市庁舎で行った内容を収録しています。


ロン・ニレンバーグ市長(右)は市長室でインタビューに応じてくれた(写真/小谷太郎氏提供)





全米を代表する大都市に変貌を遂げるサンアントニオ

——サンアントニオはアメリカで7番目大きい街でしたね。

そう、アメリカで7番目に人口の多い街です。

——市長になられて何期目でしょうか?

市長としては、4期目になります。この4期目が最後の任期となります。市長になる前は、市議会で2期議員を務めていました。

——ここ数年サンアントニオの街は、どのように発展したのか教えてください。

サンアントニオは絶え間なく発展を続けていて、アメリカ国内の街でも最も早いスピードで発展している街の一つです。

まず著しいのが人口増加。人の流入を受け入れながら、既にサンアントニオに住んでいる人たちの生活の質も向上させていくために、街としてインフラ改善を試みてきました。住居の質の改善を目指し、街の歴史で初めて大量輸送機関を構築することが決まりましたし、空港のキャパシティーも倍増する予定です。すでに現在進行中で、街の重要なプロジェクトですね。

サンアントニオの成長は人口の増加だけではなく、街のインフラ・アメニティの成長でもあります。この10年間ほどの街の成長は、とても肯定的に受け止められていますよ。

——これから将来に向かって、街はどういった成長をしていくのでしょうか?ダウンタウンを歩いているとあらゆるところで建設工事がされています。

街の様々な場所に投資をしていますが、特に注力をしているのは、経済の中心となるダウンタウンエリアです。これからの10年間で、サンアントニオの居住者、事業主、観光客の皆さんは、街の中心部がさらに変化を遂げる過程を目の当たりにすることになります。アメリカでもユニークなダウンタウンがさらに変化を遂げて、完成した暁には皆に素晴らしいと感じてもらえる光景が提供できると信じています。

こうした投資は、この街に住むことやこの街を訪れることを楽しんでもらうための大きな要因だと考えています。サンアントニオには、歴史的な名所があったり、エンターテインメントやスポーツを楽しむ機会があったり、街のカルチャーを象徴するリバーウォークがあったりと魅力が詰まっていますからね。





取材・文・写真/小谷太郎(Paint It Silver &Black!)

タグ: サンアントニオ・スパーズ

PICK UP

RELATED