月刊バスケットボール7月号

大学

2024.04.14

【第3回WUBS】昨年大会王者NCCU(国立政治大/チャイニーズ・タイペイ)、2023-24シーズンも優勝し、無敗記録を更新中

昨夏の第2回WUBSで王座獲得を祝うNCCU(写真/©月刊バスケットボール)

2022年に初めて開催されたWUBSSun Chlorella presents World University Basketball Series=ワールド・ユニバーシティー・バスケットボール・シリーズ)が、今年もまた810日(土)から12日(祝・月)にかけて、日本のバスケットボールのメッカである国立代々木競技場第二体育館で開催されることが明らかになった。出場チームは大会公式Instagramでアナウンスされるので、是非チェックしていただきたい。さっそく月刊バスケットボールWEBでも各チームを順次紹介して今大会を展望していくが、まずスポットを当ててみたいのは、ディフェンディング・チャンピオンのNCCUだ。


WUBS2023のMVPバイェ、チャイニーズ・タイペイ代表ユー アイジェら既存戦力を軸にチーム力の底上げを図る

NCCUはチャイニーズ・タイペイの大学リーグであるUBA(University Basketball Association)で、つい先日4連覇を達成したばかり。WUBSには第1回大会から3年連続出場しており、昨年大会ではクォーターファイナルで東海大に81-73で勝利した後、セミファイナルでアメリカから来日したNCAAディビジョン1のラドフォード大を79-75で撃破。最終日のファイナルでは白鷗大相手に序盤から大量リードを奪い、終盤の攻防もしのいで90-84で勝利して初の王座獲得に成功した。印象的だったのは1-3-1ゾーンディフェンス。ラドフォード大のダリス・ニコルズHCは「あのファンキー・ゾーンには現時点で対応するのは難しい」と話し、オフシーズンとは思えない高い完成度に舌を巻いていた。


【関連記事】第2回WUBS最終日の激闘をチェック
WUBS公式Instagramをフォローして最新情報をチェック

今年のチームは、昨年UBA3連覇を達成したメンバー9人が残っている。経験と実績を持つ役者たちに新戦力も加わっており、実力的には底上げができているとみるのが妥当だ。

実際、昨夏WUBSを制した後の戦績も目覚ましい。9月には、チャイニーズ・タイペイに2つ存在するプロリーグ(P.LEAGUE+T1 LEAGUE)およびセミプロリーグのSBLに所属するチームとの交流戦(インターリーグ)で5戦全勝の完全優勝を成し遂げている。この大会でMVPに輝いたのはNCCUのガードを務めるソン シンホー(宋 昕澔)。昨年のWUBS準決勝でラドフォード大相手に22得点、白鷗大との決勝で17得点を記録したプレーヤーだ。NCCUからはほかにも、FIBAアジアカップ2025予選のチャイニーズ・タイペイ代表に名を連ねているプレーメイカーのユー アイジェ(游艾喆)と、セネガルからの留学生で身長208cmのボボカ・ボウ(波波卡、アルファベット表記はBaubacar Mboup)がベスト5に選ばれた。


昨年のWUBSでNCCUの優勝に大きく貢献する活躍を披露したソン シンホー。昨年9月に行われたインターリーグ(プロ、セミプロとの交流戦)ではMVPに輝いていた(写真は昨年のWUBS決勝戦より/©月刊バスケットボール)

この3人に加えて2023-24シーズンのチームには、身長208cmのフォワードで昨年のWUBSMVPに輝いたムハマド・ラミン・バイェ(莫巴耶)も健在。NCCUUBA2023-24シーズンでも3月24日に行われたファイナルまで負けなしの24連勝という圧倒的な強さでUBA4連覇を達成した。健行科技大とのファイナルも92-59という大勝だったが、この試合ではユーが12得点、11アシスト、10リバウンドのトリプルダブルを記録。ファイナルでは史上初という快挙で2年連続のファイナルMVPを獲得して王座に花を添えた。

戦い方としては、今シーズンのUBAが留学生を2人同時に起用できるルールにしていることもあり、バイェとポポカのサイズと身体能力を最大限に生かしながら、ゾーンディフェンスも積極的に使っている。得点面では、インサイドでもアウトサイドでも脅威となり毎試合20得点近くを稼ぐバイェが中心。ポポカやソンも2桁得点を計算できる。ユーは今シーズンでUBA通算600アシストのマイルストーンに到達したほど抜け目なく得点機を生み出す。チーム登録が18人なので、その中からWUBSでプレーする最終ロスター12人がどんな顔ぶれになるかは直前までわからないが、選りすぐりの12人は今夏もWUBSを席巻する威力を見せてくれるかもしれない。


昨年のWUBS決勝で豪快なダンクを叩き込むムハマド・ラミン・バイェ(写真/©月刊バスケットボール)



文/柴田 健(月刊バスケットボールWEB) (月刊バスケットボール)

PICK UP