月刊バスケットボール5月号

MORE

2024.01.24

琉球ゴールデンキングスの「2つの顔」がどう出るか――EASL2023-24いよいよ大詰め、1/24(水)に沖縄アリーナで2度目の“キングス対決”

琉球ゴールデンキングスは、124日(水)に沖縄アリーナで、東アジアスーパーリーグ(EASL)におけるレギュラーシーズン最終戦を迎える。対戦相手はここまで4戦全勝でグループB首位のニュータイペイキングス。グループABの上位2チームで王座を争うファイナルラウンド進出を目指す琉球にとっては非常に大きな意味を持つ一戦だが、そこで気になる2023-24バージョンの琉球の二面性に着目してみたい。


ファイナルラウンド進出に向け負けられないEASLレギュラーシーズン最終戦

まずその前に、前回の“キングス対決”とEASLグループBの戦況を少し振り返ろう。110日にアウェイの新荘体育館(新北市)で行われた前回の対戦では、5,207人のファンが見守る中で両チームが接戦を演じた。結果は琉球にとって非常に厳しい63-67の黒星。琉球はフロントラインのタレントを故障で欠く中、ファウルトラブルにも苦しむ展開となった。堅固なゾーンディフェンスで得点力の高いニュータイペイのオフェンスをよくしのいだが、第4Q残り26秒、元NBAのジェレミー・リンが今村佳太の厳しいクローズアウトの上から放った3Pショットがみごとにゴールを射抜き、ニュータイペイが逃げ切った。

1月10日に行われた最初の“キングス対決”は、第4Q残り26秒にジェレミー・リンが成功させたこの3Pショットがニュータイペイキングスの勝利を決定づけた(写真/©East Asia Super League/EASL)





この黒星で通算成績が23敗となった琉球は、24日に行われる2度目のキングス対決に勝利しても、ファイナルラウンド進出を自力で決められない状況に追い込まれた。それをかなえるにはグループB2位以上に入る必要があるが、ニュータイペイがその1枠を勝ち取った一方で、残る1枠に対して現時点で脱落したチームはない。2位のソウルSKナイツ(22敗)、3位の琉球に加えて4位(最下位)のメラルコ・ボルツ(14敗)にも可能性がある。

琉球にとって最終戦での勝利は、現時点でファイナルラウンド進出の必要条件ではない。しかし、仮に敗れた場合にはその可能性が非常に小さくしぼんでしまう。なぜなら、琉球が最終戦に勝利して3勝3敗としても、ニュータイペイとメラルコ相手に1試合ずつの対戦を残しているソウルがそのどちらかで1勝でも挙げて同勝率で並んだ場合には、ソウルが琉球との直接対決における得失点差のタイブレーカーを持っているからだ(琉球はソウルとの初戦に80-79で勝利したが、2度目の対戦で69-82の黒星を喫したので、両者間ではソウルが+12と上回っている)。

仮に琉球が敗れて2勝4敗となると、ソウルが1勝した時点で琉球の道は断たれる。また、その状況でソウルが2連敗する場合、それは同時にメラルコが2勝目を挙げることを意味しており、ソウルと琉球、メラルコの3チームが24敗で並び、みつどもえのタイブレーカーの行方により運命が決まることになる。

2度目の“キングス対決”で勝っても負けても、琉球ブースターにとってはその後の展開から目が離せない状況だ。しかしどちらにしても、ニュータイペイ戦で琉球のカルチャーを十二分に感じさせる戦いを見た上で、運命をバスケットボールの神様に託したいと思うのがファン心理だろう。そこで気になるのが、今シーズンの琉球が見せている二面性である。





文/柴田 健(月刊バスケットボールWEB) (月刊バスケットボール)

タグ: 琉球ゴールデンキングス EASL東アジアスーパーリーグ

PICK UP

RELATED