月刊バスケットボール5月号

W杯男子日本代表12人の今——海外組(渡邊雄太、富永啓生)とポイントガード編(河村勇輝、富樫勇樹)

男子日本代表がパリオリンピック出場権獲得に成功したFIBAバスケットボールワールドカップ2023の歓喜が収まるよりも早く、国内ではBリーグが、北米ではNBANCAAの公式戦が幕を開けている。あの12人は今、どのような活躍を見せているだろうか。個々の所属先での状況をまとめてみたい。ここでは海外組の渡邊雄太と富永啓生、ポイントガードの河村勇輝と富樫勇樹の4人について、115日時点までのデータを紐解きながら紹介する。


それぞれの所属チームで信頼を勝ち得ている渡邊雄太、富永啓生

渡邊雄太(フェニックス・サンズ)

©FIBAWC2023 

渡邊は新天地のサンズで自身初となる開幕初戦からのローテーション入りを実現し、11月5日までに7試合連続出場を果たした。数字としても平均6.1得点、2P成功率62.5%、0.6スティールはキャリアハイペースだ。33.3%の3P成功率は今一つの数字に見えるものの、開幕からの4試合では16本中7本成功の43.8%。波はあるだろうが、今後上昇してくることは十分期待できる。

渡邊のプレーぶりからは、NBAで日本人として最長となる6シーズン目のキャリアを継続中という実績と、代表活動で得た総合力に対する自信が感じられる。また、ケビン・デュラントやデビン・ブッカーらリーグを代表するスターからチャンスでパスが回ってくる現状が、さらにその自信を強固にしてくれているような、前向きなムードが活躍ぶりから伝わってくる。ワールドカップで大会全体の3位に入る1.8ブロックを記録した渡邊は、北米の実況や解説、評論などでリム・プロテクターとしての存在感やヘルプディフェンスのうまさを高く評価されることも多い。さらなる飛躍を予感させるシーズンだ。





富永啓生(ネブラスカ大、4年生)


©FIBAWC2023

富永は1029日(北米時間)に行われたドエイン大とのエキジビション・ゲームにスターターとして出場したが、前半に左足首をねんざして戦列を離れている。ただし、フレッド・ホイバーグHCは富永について、「装具も外して歩けていた。翌日の朝は痛みもあり腫れていたけれど」と話し、現地6日(日本時間7日)にホームのピナクル・バンク・アリーナで開催された2023-24シーズン初戦への出場の可能性もほのめかしたほどで、重度のケガではなかったようだ。

それでも開幕戦は結局欠場。11月5日時点では富永の調子や成長の度合いを測るデータはない。とはいえ、スターター起用は期待値の高さの表れだ。ちなみにドエイン大戦では、826秒間の出場でフィールドゴール3本中1本を成功させて2得点を挙げたほか、2リバウンド、2スティールを記録している。

【関連記事】W杯男子日本代表12人の今——国内組ビッグマン編(ジョシュ・ホーキンソン、井上宗一郎、川真田絋也)
【関連記事】W杯男子日本代表12人の今——国内組ウイング編(馬場雄大、原 修太、比江島 慎、西田優大、吉井裕鷹)



©FIBAWC2023

ワールドカップでプレーした日本代表の中で、現在海外でプレーしているのは渡邊と富永の二人だけだが、両者がそろって所属チームで信頼を得ていることは、日本のバスケットボールのブランディングや強化の観点から大きな意義があるように思える。もちろん二人のほかに八村 塁がロサンゼルス・レイカーズで活躍しているのであり、さらにはカレッジバスケットボールの舞台で複数のプレーヤーが頑張っている。彼らの活躍により、海外の競技関係者の間で「よし、日本のプレーヤーを見てみよう」と考える人々も増えるに違いない。

続けてポイントガードの二人、河村勇輝と富樫勇樹について次ページでまとめる。



文/柴田 健(月刊バスケットボールWEB) (月刊バスケットボール)

タグ: 渡邊雄太 河村勇輝富永啓生富樫勇樹FIBAワールドカップ2023Akatsuki Japan

PICK UP

RELATED