月刊バスケットボール5月号

Wリーグ

2023.10.31

トヨタ自動車、デンソー、ENEOS、富士通が開幕6連勝、アイシン、山梨QBが連勝を飾る

ホームで姫路に連勝した山梨QB

Wリーグは3週目を消化

第25回Wリーグは3週目を消化。トヨタ自動車、デンソー、ENEOS、富士通が開幕6連勝を果たした。一方、開幕4連勝だったトヨタ紡織は連敗を喫している。

【表】23-24Wリーグレギュラーシーズン順位表(10/30終了時点)をチェック

3週目は、10月27日〜30日と4日間にかけて各地で行われた。その中で開幕4連敗という苦しいスタートとなったアイシン、山梨QBはそれぞれ新潟、姫路に連勝を果たしている。
アイシンはいずれの試合もスタートの5人が貢献。#44峰晴寿音、#7サンプ アストゥはいずれの試合でも2桁得点を記録した。#7アストゥは日曜日の試合では12得点、14リバウンドとダブルダブルをマークしている。現役復帰を果たした#18吉田亜沙美は、コンディション不良のため欠場となっている。



そしてホームで姫路と対戦した山梨QBは18点差、12点差での連勝。特に光ったのがベンチ・スタート選手の活躍で、#15中山彩奈、#2池田沙紀はいずれの試合でも2桁得点をマークしている。

今週末は11月4日、5日で7試合ずつ開催。いずれの試合も興味深いが、全勝のデンソーと5勝1敗のシャンソン化粧品の対戦や連勝を果たしたアイシンがホームで全勝トヨタ自動車をどう迎え撃つかも気になるところである。



文/広瀬俊夫(月刊バスケットボールWEB)

タグ: Wリーグ

PICK UP

RELATED