月刊バスケットボール8月号

大学

2023.08.10

【第2回WUBS】未来志向のWUBS学生選抜が刻む世界基準到達への第一歩 - 公開練習レポート&松藤貴秋HCインタビュー

月刊バスケットボール

8月10日に幕を開けるWUBS(Sun Chlorella presents World University Basketball Series=ワールド・ユニバーシティー・バスケットボール・シリーズ)の初日に行われるエキシビジョンで、ディフェンディング・チャンピオンのアテネオ・デ・マニラ大(フィリピン)と対戦する2023年度 WUBS日本学生選抜チーム(以下WUBS学生選抜)が、その前日となる9日に公開練習を行った。池内泰明氏(拓殖大)がチームリーダーを務め、松藤貴秋氏(中京大)がヘッドコーチとして率いる今回のチームは、WUBSで日本のファンの前でプレーした翌日からチャイニーズ・タイペイに飛び、ウイリアム・ジョーンズカップで8試合を戦うことになっている。


☆WUBS Opening Night
WUBS学生選抜 vs. アテネオ・デ・マニラ大(フィリピン)
開催日時: 8月10日(木) 19:00~
試合会場: 国立競技場代々木第二体育館
※WUBS学生選抜メンバーは大会公式サイトでご確認ください

松藤HCは、6日まで成都(中国)で開催されていたFISUワールドユニバーシティゲームズ(以下ユニバ)で男子U22日本代表のチームリーダーも務めており、帰国直後に異なるメンバーながら同年代の学生選抜を率いている。ユニバでの戦績は1勝5敗の12位。U19日本代表が、6月下旬から7月初頭にかけてのFIBA U19ワールドカップ2023で8強入りを果たす大躍進を見せた後だけに、「フィジカル面でもバスケットの質でも全然差があった」と語る松藤HCの言葉からは、大学生世代の強化に課題が山積していることを痛感させるものだった。

その現状を踏まえ、WUBSでのエキシビジョンは、この世代の世界基準到達への扉を開くような位置づけの試合と言えそうだ。

この日の公開練習は、実質的に選抜メンバーが初めて全員そろう機会だったとのこと。そのためプレーヤー同士の関係性の構築もまだまだこれからという段階でもあるようだ。ディフェンスなしでオフェンスのグラウンドルールを確認するドリルでは、お互いの連係がかみ合わず動きが止まってしまう場面もあった。ただ、終盤のフルコート5対5のスクリメージでは、硬さもほぐれてきたか、攻守ともスピード感に満ちた好プレーが次々と飛び出していた。準備期間は十分とは言えないが、松藤HCは実戦を通じての成長に期待を寄せる。チームとしての完成度では勝るであろうアテネオ・デ・マニラ大との一戦で、まずはこの学生選抜のポテンシャルをしっかり感じさせることが重要になりそうだ。


岩本悠太の豪快なスラムダンク(写真/©月刊バスケットボール)

以下は松藤HCとの一問一答。大学生世代での課題、WUBS参戦の意義、この世代の将来的な展望など、興味深い話を聞かせてくれている。ご一読いただいた上でWUBSでの学生選抜の奮闘を見守っていただければ、試合の面白みが大幅に増すに違いない。

Sun Chlorella presents World University Basketball Series大会公式サイト
Sun Chlorella presents World University Basketball Series大会公式チケット販売サイト



取材・文/柴田 健(月刊バスケットボールWEB) (月刊バスケットボール)

PICK UP

RELATED