月刊バスケットボール8月号

大学

2023.05.11

【大学バスケ】第2回WUBSが東海大、白鷗大、山﨑一渉所属のラドフォード大など8チーム出場で8月に開催決定

昨年8月に日本の東海大を含むアジアの4大学が出場して初めて開催された男子バスケットボールのSun Chlorella presents World University Basketball Series(ワールド・ユニバーシティー・バスケットボール・シリーズ、以下WUBS)。その第2回大会が、810日(木)から13日(日)までの4日間、国立代々木競技場第二体育館を舞台に開催されることとなった。


今年の大会は出場チーム数が8チームに倍増。日本からは、昨年の大会で準優勝を果たし、暮れの第74回全日本大学バスケットボール選手権大会で優勝した東海大と、同大会準優勝の白鷗大が出場する。来日する6チームは、昨年の王者アテネオ・デ・マニラ大(フィリピン)をはじめ、いずれもそれぞれの国や地域で好成績を収めている強豪だ。アメリカからは、仙台大明成高で活躍した山﨑一渉が在籍しているラドフォード大が出場。山﨑にとっては初の日本凱旋という楽しみな機会にもなる。


東海大は昨年暮れのインカレで優勝して今大会の出場権を勝ち取った(写真/©月刊バスケットボール)

☆第2WUBS出場チーム ※五十音順

アテネオ・デ・マニラ大(フィリピン、UAAP1位/前回大会優勝)
高麗大(韓国、Uリーグ1位、初出場)
国立政治大(チャイニーズ・タイペイ、UBA1位、前回大会3位)
シドニー大(オーストラリア、UBL1位、初出場)
東海大(日本、インカレ1位、前回大会準優勝)
白鷗大(日本、インカレ2位、初出場)
ペルバナス・インスティテュート(インドネシア、LIMA1位、初出場)
ラドフォード大(アメリカ、NCAAディビジョンI ビッグサウス・カンファレンス3位、初出場)


今大会初出場の白鷗大は、インカレ準優勝によりこの舞台に立つ権利を手にした(写真/©月刊バスケットボール)

☆組み合わせ・日程(会場はいずれも国立競技場代々木第二体育館)

810日(木)
19:00~ 日本学生選抜(JUBF選抜) vs アテネオ・デ・マニラ大(フィリピン)
811日(金)
11:00~ Game1 東海大(日本)vs 国立政治大 'NCCU'(チャイニーズ・タイペイ)
13:30~ Game2 高麗大(韓国) vs ラドフォード大(アメリカ)
16:00~ Game3 ペルバナス・インスティテュート(インドネシア) vs 白鷗大(日本)
18:30~ Game4 シドニー大(オーストラリア) vs アテネオ・デ・マニラ大(フィリピン)
812日(土)
11:00~ Game5Game1敗者 vs Game2敗者)
13:30~ Game6Game3敗者 vs Game4敗者)
16:00~ Game7(準決勝 Game1勝者 vs Game2勝者)
18:30~ Game8(準決勝 Game3勝者 vs Game4勝者)
813日(日)
11:00~ Game97-8位決定戦 Game5敗者 vs Game6敗者)
13:30~ Game105-6位決定戦 Game5勝者 vs Game6勝者)
16:00~ Game113位決定戦)
18:30~ Game12(決勝)
※スケジュールは変更になる可能性あり

今年のWUBSは810日(Day0)に行われる日本学生選抜(JUBF選抜)とアテネオ・デ・マニラ大のエキジビションで幕を開け、翌日から3日間は8チームによるノックアウト方式のトーナメントで王座を競う。

今年度を日本の大学界のチャンピオンとして迎えた東海大が最初に対戦するのは、チャイニーズ・タイペイの王者NCCUだ。両チームは昨年の大会で対戦しており、この時は東海大が90-74のスコアで勝利している。東海大は、1回戦の勝敗の行方によってはラドフォード大と対戦する可能性がある。そうなれば単独大学としてNCAAディビジョンIの大学と対戦し、かつそのコートで日本人の山﨑が日本の王者相手にプレーするという、過去に例がない試合が実現する。

白鷗大は初戦の相手が今大会初出場のペルバナス・インスティテュート。また2試合目では、オーストラリアの大学界の王者シドニー大と、WUBSのディフェンディング・チャンピオンにしてフィリピン最強を謳うアテネオ・デ・マニラ大のいずれかが対戦相手となる。

Sun Chlorella presents World University Basketball Series大会公式サイト


ラドフォード大で活躍する山﨑一渉。初の凱旋でどんなプレーを見せてくれるだろうか(写真/©️Radford University Athletics)


取材・文/柴田 健(月刊バスケットボールWEB) (月刊バスケットボール)

PICK UP

RELATED