月刊バスケットボール7月号

Bリーグ

2023.03.06

福島ファイヤーボンズ、東地区首位アルティーリ千葉に食い下がり迎える12年目の「大きな日」

3月4日の対アルティーリ千葉GAME1で好プレーに喜びを爆発させる村上慎也と橋本尚明(写真/©B.LEAGUE)

311日・12日は福島県にとっては非常に大きな日なので、しっかり自分たちのバスケットをブースターの皆さんに見ていただいて、勝利していきたいと思います」。B2東地区で首位に立つアルティーリ千葉との2連戦、福島ファイヤーボンズは連敗を喫したが、35日のGAME2を終えた後の会見で佐野公俊HCはこんな言葉を残して前を向いた。


三陸沖を震源とし、日本の観測史上最大のマグニチュード9.0を記録した2011311日の東北地方太平洋沖地震。その前震、その後の大津波と原子力発電所事故による災害などを総じて「東日本大震災」として知られる出来事の影響は今日まで続いてしまっている。今年はその発生から干支がひと回り。佐野HCの言う「非常に大きな日」は、もちろんこの未曽有の大災害からの節目となる日を指している。

【関連記事】100得点奪取で両目を開けた福島ファイヤーボンズ - 挽回のカギは「より良い選択」



GAME1——最大12点差を盛り返すダブルOTの大激戦

アウェイの千葉ポートアリーナで戦ったアルティーリ千葉との対戦は、2試合とも稀に見る大激戦だった。

初戦は一時12点のビハインドを背負いながらダブルオーバータイムに持ち込み、敗れたものの107-110というエキサイティングな試合展開。第4Q残り38秒に長谷川智伸がクラッチフリースローを沈めた時点では福島が83-80とリードしていた。最初のオーバータイムも、95-961点差を追う残り19秒に長谷川がクラッチ3Pショットを沈めて98-96とリードを奪う。タイムアウト明けのプレーで、左サイドラインのハッシュマークからインバウンドした長谷川が3人のスクリーナーの傍らを駆け抜けて逆サイドのウイングに移動し、村上慎也からのパスを受けて放ったキャッチ&シュートがみごとにゴールを射抜いた。


長谷川智伸はGAME1が3Pショット3/6で13得点、GAME2が同3/4で14得点。高確率なシューティングはたびたびアウェイのブースターのため息を誘った(写真/©B.LEAGUE)

2度目のオーバータイムは開始から2分以上得点できず、逆にアルティーリ千葉のブランドン・アシュリー一人に7-0のランを許す非常に厳しいスタートとなった。しかし98-105となった残り249秒からはジョシュ・ハレルソンの3Pショットとワース・スミスのプットバックで101-105。両チームに疲れも見えていた残り10秒、トランジションでパスが乱れたアルティーリ千葉から土家大輝がボールを奪い、その土屋からのパスを受けた橋本尚明が右ウイングからディープスリーを決めて107-109。この日福島がチームとして放った52本目、成功させた19本目の3Pショットに、2,322人の観衆が集まった場内には大歓声とため息が混ざった熱い空気が渦巻いていた。



橋本尚明はいいところでほしい一撃を決めていた(写真/©B.LEAGUE)

「第3Qに追いついてそこからダブルオーバータイムまでいけたのは、チームとして我慢しながらバスケットができたから。ペイントで点数を獲られ勝ちきれなかったが、修正して明日は勝てるように…」。佐野HCは試合後そう話していた。

確かに3Pショットで57-18と圧倒的優勢だった半面、ペイントでの得点が24-64と大苦戦した。特にグレゴリー・エチェニケがファウルアウトした後、アシュリーを止めることができなかったことが、大きく勝負に響いてしまった形だ(アシュリーは試合を通じて37得点)。終盤はアシュリーも4ファウル。「もっとアタックしてファウルアウトさせるべき時間帯が第4Qにあったと思います」という振り返りもあった。



取材・文/柴田 健(月刊バスケットボールWEB) (月刊バスケットボール)

タグ: 福島ファイヤーボンズ

PICK UP

RELATED