全中新着ニュース

2019年08月23日

【第49回全中】女子展望

 8月23〜25日の期間、和歌山を舞台に開催される第49回全国中学校大会。狭き門である各ブロック大会を勝ち抜いた男女48チームが、ハイレベルな熱戦を繰り広げる。

 

八王子一(東京都)

 

 優勝候補の一角と見られるのが、大会連覇を狙う八王子一。将来性豊かなエース④森や⑤吉岡、⑦鶴丸といった昨年の主力が残り、今年も激戦区の東京、そして関東大会を制した。ジュニアオールスターでは東京Aが決勝で敗れただけに、ぬかりなく大会へと向かうだろう。

 

 また、有力校が多い激戦区の東海大会を接戦で制したのが四日市メリノール学院。2年生ガード⑫黒川を起点に、2年連続の全中でどんな戦いを見せるか注目だ。また、東海2位の長良も、④辻や⑮福王らを軸に東海大会やジュニアオールスターの悔しさを晴らすべく全中で全力を尽くすだろう。

 

四日市メリノール学院(三重県)

 

 混戦の近畿ブロックを制したのが京都精華学園。近畿大会では、ジュニアオールスター優勝メンバーのいる大阪薫英女学院と予選リーグで同組になり、見事山場を制してそのまま頂点に立った。188cmの⑱ウチェを筆頭に絶対的な高さとテクニックを持つメンバーが、2年ぶりの舞台で大暴れするか。また、ジュニアオールスター優勝メンバーも多い高南も、近畿2位で初出場となり、再びの日本一を見据えている。

 

京都精華学園(京都府)

 

 そのほか、東北大会を制して3年連続出場の盛岡白百合学園や、北信越大会を制して男女アベック出場となった新潟柳都、九州大会を制して6年連続出場となった二島などなど、力のあるチームが虎視眈々と頂点を狙っている。予選リーグから、勝敗の読めない熱戦が期待される。

 

 

(月刊バスケットボール)

  • zamstインタビュー「戦い続けるために目標に向かって」
  • 3x3女子日本代表インタビュー「気持ちを届ける、想いを託す」
  • インターハイ2021
  • 月バスカップ2021-u15
  • 自費出版のご案内