選手生命が長くなるように
やっていくことが必要

中部大第一高
BASKETBALL TEAM

今夏のインターハイで初の全国制覇を成し遂げた中部大第一。
ウインターカップに向けて最終調整に入ったチームは
新たにザムストのパッド付ショーツ
「BRAVE-PAD SHORTS」を取り入れた。
チームを指揮する常田健コーチに、採用の意図と選手の
コンディショニングについて話を聞いた。

やらないで後悔したくないので良いものは
積極的に取り入れる

常田 健 Ken Tsuneta

中部大第一高校コーチ。同校での指導歴29年を数える。2009年には宇都直輝(富山グラウジーズ)、張本天傑(名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)らを擁しインターハイとウインターカップで共にベスト16入り。その後も全国常連校として結果を残し、18年には夏冬共に準優勝。今夏のインターハイでは悲願の全国初優勝を果たした。

続きを読む

ウインターカップの悔しさは、
ウインターカップで晴らす

昨年の借りを返すべく優勝を目指す中部大第一

約4か月前のインターハイ決勝戦。帝京長岡との息詰まるロースコアゲームを制し、悲願の全国初優勝を成し遂げた中部大第一。平均身長191.6cmの高さを誇りながら、機動力も抜群。それを象徴するのが、彼らの最大の武器である豊富な運動量を生かしたダイナミックなトランジションオフェンスだ。

続きを読む

  • 「コンタクトした時に膝が入ってもそんなに痛くないですし、パットが入っていますが、そこまで動きが制約される感じもなくて気に入っています。」
  • 「インターハイ前にケガをしていたので、そこからケガしないようにプレーすることへの意識が変わりました。ケガしたらやりたいこともできなくなるので、それを予防するという意味でも履いてみるといいのではないかと思います。」
  • 「パットがしっかりと入っているので守られている感じがあります。それによってリバウンドなどのコンタクトがあるプレーにも、より積極的に絡むことができるようになりました。」
  • 「ドライブなどのプレーが今までよりもハードにできますし、しっかりとパットがついているのに動きにもそこまで制約がなくて、ほぼ今まで通りに動けているので良いと思います!」
NEW!!
2022年1月発売予定

ザムスト BRAVE-PAD SHORTS
ブレイブパッドショーツ(パッド付きショーツ)¥9,350(税込)

ケガのリスクを減らし
今よりも思い切ってプレーしたいキミへ!

製品スペック
サイズ:S〜L L
カラー:ブラック
パッド位置:大腿部×2、腰骨×2、尾骨1(9mm厚)
※バスケットボール公式戦使用可能

バスケットボールでは、激しいコンタクトによる太もも周辺の痛みやケガに悩まされる選手も多い。「BRAVE-PAD SHORTS」は、ザムストブランドの契約選手である富樫勇樹選手の要望を基に開発された製品で、太もも全体を覆うようなパッドが最大の特長。また、腰骨、尾骨といった意外と注意が必要な箇所もしっかりとプロテクトされている。着用選手からも「ケガの恐れも少なくプレーへの集中力が高 まった」「これがないと心配で試合に出たくないくらい」といった高い評価を受けており、安心感のある作りながら、工夫されたパッド配置により、動きの制約も最小限にとどめた。ケガのリスクを軽減したい選手、今よりも思い切ってプレーしたい選手にうってつけのアイテムだ。

動きやすさと衝撃吸収力を
兼ね備えた9mm厚パッド

衝撃を吸収するパッドを一つひとつ独立させ、パッド同士の間隔をあけることで、激しい動きにもしっかりと追従。衝撃吸収力と動きやすさを両立させた。

オンラインショップへ

トップアスリートの声から生まれた
ザムストブランド初のパッド付ショーツ

富樫勇樹

非常に安心感があり、怪我の心配をせずにしっかりプレーすることができています。今はこれ無しでは試合はできないです。

河村勇輝

BRAVE-PAD SHORTSを着用することで、プレー中もすごく安心感があります。パフォーマンス向上や、怪我予防にもつながっていると感じています。