Wリーグ

Wリーグ

2022/04/04

Wリーグプレーオフ、富士通がセミファイナルへ。シャンソンも下剋上

 2021-22シーズンのWリーグのチャンピオンを決めるプレーオフ。4月3日には前日のセミクォーターファイナルを勝ち上がった富士通がレギュラーシーズン4位のトヨタ紡織と、同じくシャンソンがレギュラーシーズン3位のデンソーとそれぞれクォーターファイナルを戦った。

 第1試合は富士通対トヨタ紡織戦。BT テーブスHCが「ディフェンスの勝負になる」と語ったとおり、富士通は今シーズンの一試合平均失点が58.7点とリーグ最少。そしてトヨタ紡織も61.8点とリーグ3位の少なさ。勝ち点制の順位ではトヨタ紡織が上回っていたが、今シーズンの直接対決では2戦2勝と富士通が優勢だった。

 開始早々トヨタ紡織が5-0と先行するが、富士通は慌てることなく追い付いていく。持ち味のファストブレイクや3Pシュートで加点し1Qで20-14とリードを奪う。お互いゾーンも含めたディフェンスを駆使し、相手のミスを誘うが、2Qはそのディフェンスの隙をついて宮澤夕貴が3Pシュート。またオコエ桃仁花もインサイドで加点するなど、富士通が40-31とリードを広げて前半を終える。

 

 

 

 後半に入ると「相手のシュートが落ちてくるときに、ペースをつかもう」(知花武彦HC)と、流れを待っていたトヨタ紡織が波に乗る。前半は鳴りを潜めていた東藤なな子が積極的なプレーでゴールをねじ込み、さらに3Pシュートとチームを牽引。白慶花、加藤優希らも続き、一気に逆転を果たす。

 一方の富士通は3Q残り4分30秒に内尾聡菜が3Pシュートを決めるまで得点できず、トヨタ紡織に13-0のランを許してしまった。その後、一度は逆転するも、勢いに乗ったトヨタ紡織にリードを奪い返され、東頭のバスケットカウント、平末明日香のドライブで48-55と差を付けられ最終クォーターを迎えることになった。

 4Qに入ると富士通が再び流れ取り返す。オコエの3Pシュートを皮切りに、町田瑠唯がスティールからファストブレイク、そして宮澤の3Pシュートで逆転。さらに宮澤のオフェンスリバウンドから篠崎澪が3Pシュートを決めるなど主導権を握った。試合終盤の勝負どころで集中力を見せた富士通は、ディフェンスでもトヨタ紡織を6得点に抑え、71-61で勝利しセミファイナル進出を決めた。

 アップダウンの激しいゲームとなったが、「チャンスをつかむ力が違った」とトヨタ紡織の東藤。「こうした感覚は練習では得られないもの」と、貴重な経験を実感。チームのステップアップにつなげていく決意を新たにしていた。

  • ZOON OF HOOPS
  • 月バスカップ2022-U15
  • スポーツするならかみす
  • ザムスト×中部大第一タイアップ
  • 全国ミニバス選手権
  • 日本郵政 Presents 3x3を支える人たち
  • Jr.ウインターカップ2021-22
  • ウインターカップ2021
  • インカレ2021
  • 自費出版のご案内
  • 全中2021
  • インターハイ2021