Wリーグ

Wリーグ

2019/02/24

【Wリーグ セミファイナル】女王JX-ENEOSがファイナル進出決定

 2月24日、スカイホール豊田(愛知県)で開催されたWリーグプレーオフセミファイナルJX-ENEOS対デンソーの第2戦(セミファイナルは3戦シリーズ2先勝で勝ち上がり)。1Q、両者ともインサイドの得点が中心となり試合を進める。徐々にペースを握るJX-ENEOSは#1藤岡のドライブ、#52宮澤の3ポイントシュートで得点を重ねると、最後は#12吉田のブザービーターで27-13とリード。2Q開始早々、デンソー#12赤穂(さ)がインサイドで奮起。JX-ENEOSは吉田を中心にアウトサイドのドライブから#10渡嘉敷、#33梅沢が合わせる。デンソーはゾーンディフェンスに切り替え、JX-ENEOSの流れを止める。前半終了間際に#13伊集の3Pシュートで45-33と点差を詰めて前半終了。

 後半、デンソーのルーキー#10渡部が連続6得点するなど差を縮めにいくが、JX-ENEOSはバランス良いオフェンスを展開。お互いディフェンスがヒートアップし、JX-ENEOSのシュートが外れ出すも61-43とJX-ENEOSがリードを守る。最終ピリオド、デンソーは赤穂(さ)、赤穂(ひ)の活躍で追い上げを図るが及ばず。最後は80-60でJX-ENEOSがファイナル進出を決めた。

(月刊バスケットボール)


あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください