Wリーグ

Wリーグ

2020/03/23

Wリーグがプレーオフ開催を中止

 Wリーグは新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、3月28日より予定していたプレーオフを中止することを発表した。

 

 Wリーグを運営するWJBLは、3月13日には、当初のスケジュールから短縮、無観客での開催を決定していたが「国内における感染状況が未だ終息の兆しが見える状況ではないことから、選手や関係者の意見を幅広く聴取した結果、今後もイベントの自粛要請も依然して続くことや、無観客試合であっても選手・スタッフの感染リスクに対する不安を完全に解消できる状態とは言い難く、ベストなコンディションでのプレーをお見せすることは難しい」と苦渋の判断となった。

 

 この間、男子Bリーグも無観客でのシーズン再開を行うも、再び中断となるなど、日々状況の変化する新型コロナウイルス感染への対応は困難を極めている。

 

 なお、プレーオフ中止により、今シーズンの優勝チームの決定は行われないこととなった。

 

(月刊バスケットボール)


あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください