Wリーグ

Wリーグ

2019/10/05

東京2020に向け、熱さを増すWリーグ

 10月4日、第21回Wリーグが開幕した。今シーズンは選手たちにとって、東京2020の日本代表に選ばれるためにアピールする大切なシーズン。それだけに開幕から熱い戦いが繰り広げられた。JX-ENEOS対富士通の一戦では11連覇中の女王JX-ENEOSが敗れる波乱。また、昨シーズン11位の山梨QBが同6位の東京羽田から勝利を奪うアップセットもあった。

 開幕直前の9月29日までアジアカップを戦ってきた日本代表組はそれぞれチームに合流して間もなく、コンディションやチームプレーに影響を及ぼしたのは間違いない。東京羽田の司令塔・本橋菜子はアジアカップMVPを獲得したほど活躍を見せたが、開幕戦では不振に終わった。同様に日本代表のエース渡嘉敷来夢、宮澤夕貴らを擁すJX-ENEOSも持ち前のチーム力を発揮できずに敗戦した。渡嘉敷、宮澤ともに試合後「コンディションがベストかと言えばベストではない」ことを認めつつも、「それは理由にはできない」と口にした。確かに対戦した富士通の、日本代表の町田瑠唯は勝利に大きく貢献する活躍を見せた。

Wリーグ開幕 富士通勝利

  • ロックアイスx千葉ジェッツ「千葉から世界へ」
  • zamstインタビュー「戦い続けるために目標に向かって」
  • 第8回3x3 U18日本選手権プレビュー 3x3日本一を目指す高校生 久喜高&SIMONの取り組み
  • 日本郵政 Presents 3x3を支える人たち
  • ウインターカップ2021
  • インカレ2021
  • 全中2021
  • インターハイ2021
  • 自費出版のご案内