Wリーグ

Wリーグ

2020/06/05

Wリーグ2020-21シーズンのエントリーを発表。気になる代表組の去就は

 9月18日(金)より開幕予定の女子バスケットボール、第22回Wリーグ(2020-2021シーズン)に参加する各チームのエントリーが6月3日に発表された。

 

Wリーグ 2020-21シーズンエントリー(PDF)

 

 王新朝喜(三菱電機)、山本千夏(富士通)、水島沙紀(トヨタ自動車)、藤岡麻菜美(JX-ENEOS)といった日本代表でも活躍した選手たち、3x3日本代表の伊集南(デンソー)らが現役引退。やはり日本代表で活躍したシャンソン化粧品の本川紗奈生、谷村里佳はそれぞれデンソー、日立ハイテクへ移籍となった。

 

 また、現役復帰で東京オリンピックを目指していた吉田亜沙美(JX-ENEOS)は、現時点でどのチームにもエントリーされていない。

 

 なお、8月末の第2次締切をもって最終エントリーが決定する。新戦力を加えた各チームが無事に新しいシーズンを迎えることを期待したい。

 

(月刊バスケットボール)


あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください