• WINTERCUP2021×JSPORTS
  • WINTERCUP2021×JSPORTS
  • WINTERCUP2021×JSPORTS
  • WINTERCUP2021×JSPORTS
wintercup2021-logo

ウインターカップ2021
令和3年度 第74回全国高等学校バスケットボール選手権大会

【日程】2021(令和3)年12月23日(木)~12月29日(水)

【会場】東京体育館(A,B,C,D,M、コート)駒沢オリンピック公園運動場体育館(E,F、コート)

ウインターカップニュース

2021年12月24日

【ウインターカップ2021】桐光学園が12本の3Pシュートを決めて、大阪桐蔭を撃破

 

12月24日、「SoftBank ウインターカップ2021(令和3年度 第74回全国高等学校選手権大会)」大会2日目男子1回戦、大阪桐蔭(大阪府)は桐光学園(神奈川県)と対戦。桐光学園が82-72で勝利し、2回戦に駒を進めた。

 

【写真】大阪桐蔭×桐光学園写真ギャラリー(写真14点)をチェック

 

桐光学園は、4本連続でシュートが外れるなど立ち上がりに失敗。逆にインサイドで#99尾形隼が、アウトサイドから#7秋田楓季が得点を重ねた大阪桐蔭が、開始3分で13-4とリードを作る。


しかし、そのあと試投数10本で成功わずか1本と大阪桐蔭のシュートが不調に陥る。この間に、桐光学園は#7オドゲレル トルガを中心に反撃。18-20で1Qを終える。続く2Qは、大阪桐蔭が#99尾形が8得点、対する桐光学園は#11常陸匠が3本の3Pシュートを決めて11得点と共にチームを引っ張り、桐光学園の39-38でハーフタイムを迎えた。

 

3Q序盤、大阪桐蔭は残り8分30秒で46-38とリードを作るが、桐光学園はそこから約1分半で、キャプテンの#4前田健冴、#6角田十希、#5谷口律が3Pシュートを決め、47-46と逆転に成功。その後、大阪桐蔭に再びリードを許すが、残り2分半から、#12八田優里亜洲、#5谷口、#13伊藤正樹が次々とシュートを決めて5連続得点。62-55で3Qを終える。

 

最終4Qに入っても桐光学園は連続得点を記録。5分を切ったところで、78-62とリードをさらに広げる。大阪桐蔭は、#32垣内雄一郎が勝負強さを見せるが、追いつくには至らず。82-72で桐光学園が勝利した。

 

桐光学園は#11常陸(20得点)、#5谷口(17得点)、#7オドゲレル(13得点、10リバウンド)、#12八田(12得点)と4人が2ケタ得点を記録。
大阪桐蔭は、#99尾形(25得点、12リバウンド)、#7秋田(13得点)、#6金友蓮(11得点)と3人が2ケタ得点。リバウンドでは46本(桐光学園は38本)と上回ったものの、3Pシュート成功数では6本(成功率24%)と桐光学園(12本成功、成功率32.4%)より6本少なかった。

 

【特集】ウインターカップ2021特設サイトはこちら

写真/JBA
文/広瀬俊夫(月刊バスケットボール)

  • インターハイ2022
  • 関東大会2022
  • 関東大会2022
  • 月バスカップ2022-U15
  • スポーツするならかみす
  • ザムスト×中部大第一タイアップ
  • 全国ミニバス選手権
  • 日本郵政 Presents 3x3を支える人たち
  • Jr.ウインターカップ2021-22
  • ウインターカップ2021
  • インカレ2021
  • 自費出版のご案内
  • 全中2021