月バスTOPICS

月バスTOPICS

2019/05/11

車いすバスケ天皇杯、昨年の優勝チームが大苦戦、準優勝チームが敗退の幕開け

 5月10日(金)、武蔵野の森総合スポーツプラザにて天皇杯第47回日本車いすバスケットボール選手権大会が開幕した。第1試合には大会10連覇中の宮城MAXが登場、伊丹スーパーフェニックスと対戦した。王者宮城MAXは、3Qまでリードを許す苦しい展開だったが、4Qに一気にスパートする試合巧者ぶりを見せつけ、75-64で勝利を収めた。
続く第2試合は昨年準優勝のNO EXCUSEが埼玉ライオンズに敗れる波乱も。NO EXCUSEはドイツでプレーするエースの香西宏昭を欠いた穴を埋めることができなかった。
 ベスト4には、宮城MAX、埼玉ライオンズ、ワールドBBC、パラ神奈川が勝ち上がった。大会は11日(土)に準決勝(宮城MAX vs. ワールドBBC、埼玉ライオンズvs.パラ神奈川)、12日(日)に決勝が行われる。

 

<5月10日試合結果>
宮城MAX 75-64 伊丹スーパーフェニックス
埼玉ライオンズ 72-57 NO EXCUSEが
ワールドBBC 67-40 千葉ホークス
パラ神奈川 95-38 福岡breez

 

<大会公式サイト>
https://www.jwbf.gr.jp/game/championship_man/47th/

 

(月刊バスケットボール)


あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事