男子日本代表

男子日本代表

2018/02/27

FIBAワールドカップ2019アジア地区1次予選/Window2情報⑤

2月25日/日本×フィリピンREPORT 残り31秒で2点差に迫るも 最終的に5点差で敗退! Window3に最後の望みをかける!!  

アイラ・ブラウンは攻守に持ち味を発揮している/©FIBA

   2月22日、チャイニーズ・タイペイをホームに迎え1点差(69‐70)で敗れた日本。これで1次予選突破が厳しい状況となり、試合後はほとんどの選手がショックを受け止めていたが、まだ可能性がゼロになったわけではない。3日後に行われるアウェイでのフィリピン戦に向け、翌23日には現地へ向け飛び立って行った。    そして迎えたフィリピンとの一戦。2万人を収容するモール・オブ・アジア・アリーナは完全アウェイだったが、日本は#7篠山竜青(川崎)のドライブでさい先良く先制。その後も体を張ったディフェンスで相手の得点を防ぎ、オフェンスではうまくスペースを使った攻撃で着実に得点。開始5分で20‐4と最高のスタートを切る。    しかしフィリピンがメンバーを代えてくると、その控えの選手が躍動。日本はその勢いを止めることができず、逆にリズムが悪くなったことで攻撃面でも停滞。2Q開始早々には逆転され、開始3分で22‐34と大きく引き離されてしまう。〈続きを読む   ▼スポナビライブの見逃し配信はこちらから https://sports.mb.softbank.jp/live/player/17656

あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

  • ZAMST吉田亜紗美インタビュー
  • 全中2019
  • インターハイ2019
  • 日本大学
  • B-LEAGUEチャンピオンシップ2019
  • 川崎ブレイブサンダースが選んだ“足首”を支える新アイテム
  • 開志国際

月刊バスケットボール YouTube