月バスTOPICS

月バスTOPICS

2019/05/03

男子も女子も15分でできる!ワンハンドシュートのトリセツ①~『ミニバスケットボール2019』から一部抜粋~

  皆さんは、ボースハンドシュートが日本だけのものということを知っていましたか? 海外では、小さい頃からワンハンドシュートを習得しており、ワンハンドシュートにはたくさんのメリットがあります。4月24日発売の『ミニバスケットボール2019』では、男子も女子も15分でできるワンハンドシュートをトリセツ(取扱説明)しています。その一部を第3回にわたって紹介していきます!

 

 ワンハンドシュートのメリットとは…


1.キャッチからのシュートが速い


→体の向きをリングに正対しなくとも速く放つことができます。


2.体のバランスが崩れてもシュートを放つことができる


→ボースハンドシュートはリングに正対しなければシュートを放つことは難しいですが、ワンハンドシュートであれば正対せずとも、もしくは多少、体勢が崩れても比較的簡単に対応できます。



…残りの2つは『ミニバスケットボール2019』でチェック!


 トリセツ(その1)は次のページへ。〈続きを読む


  1. ピンクパンサー より:

    ワンハンドシュートは、女子の子供達にも教えていきたいけど、今までやってきた指導者からの反対もあり、教えても他の指導者から両手のシュートを教えられ、結局子供達が中途半端にシュートフォームとなっています。
    それでも、ワンハンドシュートを女子も含めて頑張って教えています。

あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください