2021年度 第2回全国U15バスケットボール選手権大会
Jr.ウインターカップ2021-22

【日程】2022年1月4日(火)~1月8日(土)

【会場】武蔵野の森総合スポーツプラザ

Jr.ウインターカップ2021-22新着ニュース

2022年01月7日

【Jr.ウインターカップ2021-22】決勝に勝ち上がるのは!? 大会4日目(1/7)男女準決勝4試合を紹介

 

1月7日、“U15カテゴリーの日本一決定戦” 「Jr.ウインターカップ2021-22(2021年度 第2回全国U15バスケットボール選手権大会)」大会4日目、メインコートを舞台に男女準決勝4試合が行われる。

 

【表】Jr.ウインターカップ2021-22男女トーナメント表をチェック

 

前回女王「四日市メリノール学院中」は、#8深津唯生が3年生となり、エースとしてチームをけん引。見事4強までチームを導いている。対する前回ベスト4の「J,sphere」は、準々決勝の相模女子大学中学部(神奈川県)戦に46-45とわずか1点差で勝利。その決勝点をフリースローで決めた#4オサトアリシア藍依は、この試合24得点、15リバウンドと大活躍を見せている。深津とオサトアリシアのエース対決も見ものである。

 

そして「Earnest(宮城県)」は、双子の阿部姉妹、#4心愛、#5友愛がチームの中心。準々決勝の百合学院中学校(兵庫県①)戦では、#14武田莉々果も21得点と活躍しており、次戦でも注目したいところ。

対する前回準優勝の「京都精華学園中学校(京都府)」には、191cmの#18ユサフボランレアイシャットという絶対的インサイドがいる。準々決勝で対戦した全中準優勝チームの北九州市立折尾中学校(福岡県)戦では、オーバータイムまでもつれるも、#18ユサフが勝負どころで得点して勝利(なんとこの試合48得点、31リバウンド!!)。#5橋本芽依、#8山口優利亜といった非凡な得点力を持つ選手もおり、おもしろい戦いとなりそうだ。

 

男子準決勝1試合目は「ゴッドドア(兵庫県)×奥田クラブ(富山県)」。ゴッドドアの#85瀬川琉久は、全中で優勝した4校の一つ、本山南中のエースである。そのチームメイトも多くいるため、総合力は高い。前回3位の奥田クラブ(富山)は、#4高田将吾を軸とするチーム。#4高田は今大会、初戦となる2回戦で16得点9リバウンド、3回戦で36得点12リバウンド、準々決勝で20得点19リバウンドと安定した数字を残している。

 

そして準決勝4試合目が「KAGO CLUB(大阪府)×LakeForce(滋賀県)」。近畿地区の名門と言われるKAGO CLUBは#1渡邊大翔を中心に、どの選手が出てもチーム力が下がらない全員バスケが魅力のチームである。

対する「LakeForce(滋賀県)」は、スターター5人がいずれも高い得点力を備えている。試合ごとにヒーローが代わるような戦いで、準決勝でもラッキーボーイが現れるか、注目である。

 

決勝に残るのはどのチームになるのか、目が離せない4試合となる。

 

 

【Jr.ウインターカップ2021-22/大会4日目:1月7日試合予定】

<会場>[武蔵野の森総合スポーツプラザ(東京・調布市)] ※試合時間は予定 ※無観客開催(1チームにつき上限30名までの保護者・関係者のみ無料で入場可)

------------------------------

【メインコート】

■第1試合/女子準決勝/10:00~

四日市メリノール学院中学校(三重県)×J,sphere(愛知県)

 

■第2試合/女子準決勝/11:30~

Earnest(宮城県)×京都精華学園中学校(京都府)

 

■第3試合/男子準決勝/13:20~

ゴッドドア(兵庫県)×奥田クラブ(富山県)

 

■第4試合/男子準決勝/14:50~

LakeForce(滋賀県)×KAGO CLUB(大阪府)

 

【特集】Jr.ウインターカップ2021-22特設サイトはこちら

 

 

  • インターハイ2022
  • 関東大会2022
  • 月バスカップ2022-U15
  • 自費出版のご案内