2020年度 第1回全国U15バスケットボール選手権大会
Jr.ウインターカップ2020-21

【日程】2021年1月4日(月)~1月7日(木)

【会場】武蔵野の森総合スポーツプラザ

Jr.ウインターカップ2020-21新着ニュース

2021年01月8日

【Jr.ウインターカップ】最終日戦評 男子準決勝 秋田市立城南中学校 74-61 レバンガ北海道 U15

勝負どころでもチームに落ち着きをもたらす活躍を見せた城南#6佐々木

 

試合巧者の秋田市立城南中学校が決勝に進出

 

 Bリーグ所属チームのU15ユースチームとして今大会で唯一4強入りを果たしたレバンガ北海道U15(以下レバンガ)。身長189cmのビッグマン#11内藤耀悠をはじめとした得点能力の高いプレーヤーがそろうが、フィジカルなディフェンスでしまりのある試合を展開するのが特徴だ。

 

 秋田市立城南中学校(以下城南)は細かなことをきちんとやり通すプレーでここまでの3試合を勝ち上がってきた。派手さはないが、複数ポジションで堅実なプレーができる佐々木 陸と、強さと器用さを兼ね備えたビッグマンの小川瑛次郎が“1-2パンチ”。彼らを軸に、他のプレーヤーたちが伸び伸びと能力を発揮する。準々決勝終盤に足を故障したかと思われた佐々木は、疲労による痙攣とのことでこの試合に万全の状態で臨むことができた。

 

 試合は両者の持ち味が出た展開の中で城南が優位を維持して進んだ。レバンガは第2Q 残り7分2秒に#6赤根凉介のスリーで19-18と一時リードを取り返したが、城南の小川、佐々木、#4中野珠斗の連続得点で24-18とされたあと流れを城南に持っていかれた。

 

 レバンガにチャンスは何度も訪れた。特に38-54の劣勢で迎えた第4Qはインテンシティーを高めたディフェンスから激しく追い上げたが、勝負どころで城南は佐々木を中心に試合巧者ぶりを発揮。64-55の9点差に詰められた残り2分37秒には、佐々木がプレッシャーを受けながらボールを運んできた後、巧みなクロスオーバーからペイントにアタックして66点目を奪う。さらに1本返された後には、#7高山翔弥が相手のパスに飛びついてスティールし、そこからのポゼッションで、佐々木がさらに2点を奪い68-57としぶとく主導権を保持した。

 

 レバンガは粘り強く戦い続けた。残り1分32秒に内藤が鋭いレッグスルーからのドリブルドライブでボールを流し込み2点挽回。さらにその17秒後には#15越後晴貴が小川のドリブルをスティールしてそのまま速攻でさらに2点を追加。1分15秒を残して61-68まで迫り、次のディフェンスでも#16谷藤大介がターンオーバーを誘うなど執念を見せたが、丁寧に相手の嫌がるディフェンスを続ける城南の前に追加点を奪えなかった。決勝進出は城南。終わってみれば13点差の快勝だった。

 

レバンガ#11内藤のドライブ(マッチアップの城南#5は小川)

 

レバンガ北海道 U15 61(13 14 11 23)
秋田市立城南中学校 74(16 23 15 20)

 

レバンガ北海道 U15トップパフォーマー
#11内藤耀悠(18P, 11R, 2A, 2B)、#6赤根凉介(15P, 5A, 1S, 1B)、#13中辻竜哉(17P, FG8/11, 5R, 1S, 1B)

 

秋田市立城南中学校トップパフォーマー
#6佐々木 陸(24P, FG12/22, 10R, 3A, 2S, 2B)、#5小川瑛次郎(23P, FT10/12, 6R, 1A, 1S)、#4中野珠斗(12P, FG6/12, 7R, 5A, 1S)

 

写真/JBA

文/柴田 健(月バス.com)

(月刊バスケットボール)

  • zamstインタビュー「戦い続けるために目標に向かって」
  • 3x3女子日本代表インタビュー「気持ちを届ける、想いを託す」
  • インターハイ2021
  • 月バスカップ2021-u15
  • 自費出版のご案内