月バスTOPICS

月バスTOPICS

2020/06/02

ステフィン・カリー(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)らが「エッセンシャルワーカーの方々への感謝」をテーマにメッセージを発信!

 楽天は、「エッセンシャルワーカーの方々への感謝」をテーマに、「ありがとう。次は、新しい日常へ。」と題した動画を制作し、公開した。

 

 この動画は、医療従事者をはじめ、スーパーや流通、ゴミの収集やライフラインなど、社会機能を維持するために必要不可欠な「エッセンシャルワーカー」と呼ばれる人々への感謝のメッセージとなっている。今回、楽天グループに関連するさまざまなプロスポーツ選手がその趣旨に賛同し、メッセージを寄せている。

 

 ちなみに、参加した選手たちは則本昂大(東北楽天ゴールデンイーグルス)、ステフィン・カリー(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)、ジェラルド・ピケ、ネト、フレンキー・デ・ヨング、ジュニオル・フィルポ、イバン・ラキティッチ、マルク・アンドレ・テア・シュテーゲン(FCバルセロナ)、ワン・イーゼン(楽天モンキーズ)、ユーシン、チュイー、ユインシイ(楽天ガールズ)、酒井高徳(ヴィッセル神戸)。※登場順

 

■「ありがとう。次は、新しい日常へ。」

 

(月刊バスケットボール)

  • zamstインタビュー「戦い続けるために目標に向かって」
  • 3x3日本代表、激闘の軌跡
  • ウインターカップ2021
  • 全中2021
  • インターハイ2021
  • 月バスカップ2021-u15
  • 自費出版のご案内