その他の海外

その他の海外

2021/02/02

東京2020オリンピック競技大会 バスケットボール競技組み合わせ抽選式典 – 日本時間2月2日(火)18:30よりFIBAがストリーム配信

 FIBA(国際バスケットボール連盟)が1月29日に発表した情報によると、東京2020オリンピック競技大会の男女バスケットボール競技の組み合わせ抽選式典(Draw Ceremony)が、日本時間の2月2日(火)夜にパトリック・バウマンバスケットボール会館(Patrick Baumann House of Basketball=スイス、ミー)で開催される。新型コロナウイルス感染拡大の影響で来場者を集める式典イベントはないが、日本時間の同日18:30からYouTubeとフェイスブックでストリーム配信される予定だ。以下にFIBA公式サイトで公開されている配信リンクと式典の進行方法をまとめる。

 

☆配信リンク ※いずれも日本時間2021年2月2日(火)18時30分から配信予定
 FIBA公式YouTubeチャンネル

 FIBA公式フェイスブック

 

☆女子大会抽選方式
 5大陸から本大会に出場する12チームはすでに以下のとおり確定している(国名に続く数字はFIBAランキング)。


アフリカ大陸:  ナイジェリア(14)
アメリカ大陸:  カナダ(4)、プエルトリコ(22)、アメリカ(1)
アジア大陸:   中国(9)、日本(10、開催国)、韓国(19)
ヨーロッパ大陸: ベルギー(6)、フランス(5)、セルビア(8)、スペイン(3)
オセアニア大陸: オーストラリア(2)

 

 各チームをFIBAランキングに従って振り分けた4つのポットが以下のように用意されている。

 

POT1 アメリカ、オーストラリア、スペイン
POT2 カナダ、フランス、ベルギー
POT3 セルビア、中国、日本
POT4 ナイジェリア、韓国、プエルトリコ

 
 各ポットのチームを3つのグループに分けるために、1から4までの数字が書かれたボールが入った3つのポット(POT A、POT B、POT C)が別に用意され、POT1からPOT4の番号の若い順、ランキングの高い順に抽選を進め、総当たりで行うグループラウンドの3つのグループ(グループA、B、C)の組み合わせを決める。
 事前の承認事項として、(1)前回大会優勝国のアメリカはグループBかCに入り大会2日目に試合を行うこと、(2)ヨーロッパの4ヵ国中2ヵ国のみ一つのグループに所属するが、他には各大陸代表が同じグループで重複するグループは生じないように進行すること、そして(3)開催国である日本はグループBかCに入ることが確定している。
 抽選の進行のイメージは、FIBA公式YouTubeチャンネルで公開されている映像を参考にしてほしい(英語音声)。


☆男子大会抽選方式
 5大陸から本大会に出場する12チームのうち8チームはすでに以下のとおり確定している(国名に続く数字はFIBAランキング)。

 

アフリカ大陸:  ナイジェリア(22)
アメリカ大陸:  アルゼンチン(4)、アメリカ(1)
アジア大陸:   イラン(23)、日本(41、開催国)
ヨーロッパ大陸: フランス(6)、スペイン(2)
オセアニア大陸: オーストラリア(3)

 

 このほかに4ヵ国が出場するが、その出場権は6月29日から7月4日の間にカナダのビクトリア、クロアチアのスプリット、リトアニアのカウナスおよびセルビアのベオグラードで開催されるFIBAオリンピック最終予選(以下OQT)の勝者に与えられる。
 組み合わせ抽選式典では、OQTで確定される4チームを含む12チームをFIBAランキングに従って振り分けた4つのポットが以下のように用意される。OQT勝者の振り分けは、それぞれのOQT出場国の最高ランキング国のランキング順位を基準とする。

 

POT1 アメリカ、スペイン、オーストラリア
POT2 アルゼンチン、OQTベオグラード大会勝者、フランス
POT3 OQTビクトリア大会勝者、OQTカウナス大会勝者、OQTスプリット大会勝者
POT4 ナイジェリア、イラン、日本

 

 各ポットのチームを3つのグループに分けるために、1から4までの数字が書かれたボールが入った3つのポット(POT A、POT B、POT C)が別に用意され、POT1からPOT4の番号の若い順、ランキングの高い順に抽選を進め、総当たりで行うグループラウンドの3つのグループ(グループA、B、C)の組み合わせを決める。
 事前の承認事項として、(1)前回大会優勝国のアメリカはグループAかBに入り大会初日に試合を行うこと、(2)ヨーロッパからの参加国は1グループに最大2ヵ国までしか振り分けられないこと、(3)他の各大陸代表は同じグループで重複して振り分けられないこと、そして(4)開催国である日本はグループCに入り大会2日目に試合を行うことが確定している。
 抽選の進行のイメージは、FIBA公式YouTubeチャンネルで公開されている映像を参考にしてほしい(英語音声)。

 

 以上の記事は、FIBA公式サイトの組み合わせ抽選式典関連情報ページを参考に作成した。英文の原文リンクは以下のとおり。


http://www.fiba.basketball/news/tokyo-2020-olympic-basketball-tournaments-draw-set-for-february-2nd

 

 

文/柴田 健(月バス.com)

(月刊バスケットボール)

  • zamstインタビュー「戦い続けるために目標に向かって」
  • 3x3日本代表、激闘の軌跡
  • ウインターカップ2021
  • 全中2021
  • インターハイ2021
  • 月バスカップ2021-u15
  • 自費出版のご案内