日本代表

日本代表

2021/02/03

東京2020バスケ、日本は男子がアルゼンチン、スペインと、女子はアメリカ、フランス、ナイジェリアと同組

東京2020オリンピックバスケットボール競技概要

 

大会名称: 第32回オリンピック競技大会(2020/東京)
開催期間: 2021年7月23日( (金) )~8月8日(日)
会場:    さいたまスーパーアリーナ
参加国:   男女各 12 か国
【男子】 ナイジェリア、アルゼンチン、アメリカ、イラン、日本、フランス、スペイン、オーストラリアおよびFIBA男子オリンピック世界最終予選で決定する4ヵ国
【女子】 ナイジェリア、カナダ、プエルトリコ、アメリカ、中国、日本、韓国、ベルギー、フランス、セルビア、スペイン、オーストラリア

 

☆組み合わせ:  ※()内の数字はFIBAランキング

男子
 グループA: イラン(23)、フランス(6)、アメリカ(1)、OQTビクトリア(カナダ)大会勝者
 グループB: オーストラリア(3)、OQTスプリット大会(クロアチア)勝者、OQTベオグラード大会(セルビア)勝者、ナイジェリア(22)
 グループC: アルゼンチン(4)、日本(41)、スペイン(2)、OQTカウナス大会(リトアニア)勝者
※予選ラウンドは 2021年7月25日(日)~8月1日(日)、準々決勝は8月3日(火)、準決勝は8月 5日(木)、決勝戦および3位決定戦は8月7日(土)に開催予定

女子
グループA: 韓国(19)、セルビア(8)、カナダ(4)、スペイン(3)
グループB: ナイジェリア(14)、日本(10)、フランス(5)、アメリカ(1)
グループC: オーストラリア(2)、プエルトリコ(22)、ベルギー(6)
※予選ラウンドは2021年7月26日(月)~8月2日(月)、準々決勝は8月4日(水)、準決勝は8月6日(金)、3位決定戦は8月7日(土)、決勝戦は8月8日(日)に開催予定


公益財団法人日本バスケットボール協会関係者コメント 写真/©JBA

 

 ■三屋裕子会長
 本日、オリンピックのグループ分けドロー(抽選会)が行われました。出場各国の顔ぶれを見ても、さすがにオリンピックは世界の強豪国 12 チームが参加する最高峰の大会だと改めて身の引き締まる思いです。
 興奮と緊張のなかで見守ったドローの結果は、男子は先のワールドカップのファイナリスト 2 チームと同組、女子はアメリカやフランスと同組と、ともに気の抜けない、特に厳しいグループに入ったという感想です。
 今後新型コロナウイルス感染症の影響がどうなるかはわかりませんが、選手たちはオリンピックが開催されることを信じて、日々努力を続けています。今日のドローの結果を受けて、さらにもう一段、ギアが上がることと思いますが、これからも選手たちへのご支援・ご声援をよろしくお願いします。

 

 ■東野智弥技術委員長
 今日のドローは三屋会長、男子のラマスHC、そして女子のホーバスHCとともに見ていました。
 女子は 2 大会連続の出場となり、アメリカ、フランス、ナイジェリアと同組です。厳しい組ではありますが、逆に言えば、グループを勝ち上がればリオオリンピックのときのように、準々決勝でアメリカと対戦することはなく、目標である金メダルに一歩近づけることになります。
 一方の男子は 11 大会ぶりの出場です。男子の FIBA ランキングは現在 41 位で、どこと対戦しても簡単に勝てる立場ではありません。ただ、自国開催のオリンピックで世界の強豪国と戦えるということ自体が、日本にとって良いことであり、嬉しいことと思わなければなりません。「なんとか 1 勝」。これを合言葉として、ラマスHCや選手たちとともに戦います。
 男女ともに、現在、コロナ禍ですので代表として十分な練習ができている状況ではありません。しかし、その分、選手たちは所属チームでしっかりとそれぞれの課題と向き合っていく時間ができたと前向きにとらえ、オリンピックに向かっていきたいと思います。

 

 ■男子日本代表、フリオ・ラマスHC
 ドローを終え、先のワールドカップのファイナリスト 2 チーム(スペイン、アルゼンチン)と対戦することも決まり、気持ちが高ぶっています。もう一つの相手は今後の最終予選次第ですが、いずれにしても、それらの強豪国に対して恐れるのではなく、いま我々ができるベストの挑戦をして、我々にとって最高の結果を得たいと思っています。
 目標は「1 勝」を勝ち取ること。オリンピックで運よく勝てるということはなく、特に日本の現状においては、パーフェクトな試合をしなければ勝利は得られません。1 日 1 日の挑戦を積み重ね、勝つための周到な準備をして大会に臨めるようにしていきたいと思います。自分たちの手で、日本男子バスケットボールの歴史を変えたいです。
 余談ですが、母国・アルゼンチンと同組になったことは、ちょっと妙な気分ですね。できれば、同組ではやりたくなかったです(笑)

 

 ■女子日本代表、トム・ホーバスHC
 非常に厳しいグループに入ったという感想ですが、対戦国が具体的に決まったことで、これまでは漠然とした準備しかしてこられませんでしたが、今日から、対戦相手に応じた具体的な準備に入れるという点では、よかったと思っています。勝ち上がることが難しい一方で、このグループを勝ち上がることで、リオオリンピックのときのように、準々決勝でアメリカと対戦するというようなことを避けられるメリットもあります。
 今、女子代表では渡嘉敷選手や本橋選手がケガをしてチームから離れています。オリンピック本番に間に合うかどうかもわからない状況ですが、その他の選手がそれぞれにレベルアップし、チームとしてそれをカバーしていくしかありません。ある意味でバスケットボールにはケガがつきものなので、前を向いて進んでいきたいと思います。
 今回の女子の目標は金メダル。日本は私にバスケットボールを通じて多くのチャンスを与えてくれました。私の夢は「アメリカを決勝で破って金メダル」です。日本のために、日本チームの一員として、その夢に挑戦します。


■FIBA 男子オリンピック世界最終予選(OQT)
開催期日: 2021年6月29日~7月4日
参加国: 24ヵ国
【セルビア・ベオグラード】 グループ A:ドミニカ共和国、ニュージーランド、セルビア/グループ B:プエルトリコ、イタリア、セネガル
【リトアニア・カウナス】 グループ A:リトアニア、韓国、ベネズエラ/グループ B:ポーランド、スロベニア、アンゴラ
【クロアチア・スプリット】 グループ A:ドイツ、ロシア、メキシコ/グループ B:チュニジア、クロアチア、ブラジル
【カナダ・ヴィクトリア】 グループ A:ギリシャ、中国、カナダ/グループ B:ウルグアイ、チェコ共和国、トルコ
※各会場の 1 位のチーム(計 4 チーム)が東京 2020オリンピック出場権を獲得する

 

(月刊バスケットボール)


あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください