技術&戦術

技術&戦術

2021/06/20

月バスSet Play of the Week(170)クリッパーズ

 今週の対戦カードから、1つセットプレーを紹介していくコーナー。

 

 エースのカワイ・レナードが欠場しているロサンゼルス・クリッパーズだが、ユタ・ジャズを2連敗からの4連勝で振り切り、カンファレンスファイナルを決めた。レナードの代わりに起用された2年目のテレンス・マンが39得点のスコアリングリーダーでクリッパーズの勝利に大きく貢献。そんなクリッパーズのセカンダリーブレイクを解説していく。

 

【ラインナップ】
①(PG)…レジー・ジャクソン
②(SG)…テレンス・マン
③(SG)…ニコラ・バトゥーム
④(SF)…ポール・ジョージ
⑤(SF)…マーカス・モリス

 

【A-1】
 ④がボール保持、①が右コーナー、③が左ウイング、⑤・②がダウンスクリーンをセットしてプレーが始まる。
 ④・⑤のスタッガードスクリーンを使って①が左スロットでボールレシーブ。④が右スロット、③がペイント内へカットする。⑤はアフタースクリーンでポップ。

 

【A-2】
 ③は②にバックスクリーンをセットし、②は①にフラットスクリーン。①はそのスクリーンを使ってスピードでドライブし、得点を狙う。

 

※ミニバスからNBAまで幅広いカテゴリーとレベルに対応した会員制バスケットボール指導者向けオンラインサイト『月刊バスケットボール アカデミー』(https://b-academy.net/)がオープン! キーワードから欲しいセットプレーも一発検索できる便利なサイトとなっている。

 

(月刊バスケットボール)

  • zamstインタビュー「戦い続けるために目標に向かって」
  • 3x3女子日本代表インタビュー「気持ちを届ける、想いを託す」
  • インターハイ2021
  • 月バスカップ2021-u15
  • 自費出版のご案内