技術&戦術

技術&戦術

2021/06/13

月バスSet Play of the Week(169)ホークス

 今週の対戦カードから、1つセットプレーを紹介していくコーナー。

 

 若き司令塔のトレイ・ヤングを中心にプレーオフでも奮闘するアトランタ・ホークス。シューターのボグダン・ボクダノビッチやオールラウンダーに成長中のジョン・コリンズなどの活躍もあり、フィラデルフィア・セブンティシクサーズとのシリーズでは初戦を白星でスタートするなどの素晴らしい試合展開を見せた(現在1勝2敗)。そんなホークスのゲームオープニングで使ったセカンダリーブレイクを解説していく。

 

【ラインナップ】
①(PG)…トレイ・ヤング
②(SG)…ボグダン・ボグダノビッチ
③(SF)…ソロモン・ヒル
④(PF)…ジョン・コリンズ
⑤(C)…クリント・カペラ

 

【A-1】
 ディレイから①がボールキャリー、②・③がディープコーナー、④・⑤が右サイドを走り、ジャンプボールからセカンダリーブレイクが始まる。
④・⑤が②にスタッガードスクリーンをセットし、②はトップへ。そのまま②は①にボールスクリーンを仕掛け、①は右サイドへ。

 

【A-2】
 ②はポップして①からのパスをレシーブ。④はコーナー、⑤はダンカースポットへカットし、スペーシングをする。②はカウンターでドライブして得点を狙う。

 

※ミニバスからNBAまで幅広いカテゴリーとレベルに対応した会員制バスケットボール指導者向けオンラインサイト『月刊バスケットボール アカデミー』(https://b-academy.net/)がオープン! キーワードから欲しいセットプレーも一発検索できる便利なサイトとなっている。

 

(月刊バスケットボール)

  • zamstインタビュー「戦い続けるために目標に向かって」
  • 3x3女子日本代表インタビュー「気持ちを届ける、想いを託す」
  • インターハイ2021
  • 月バスカップ2021-u15
  • 自費出版のご案内