技術&戦術

技術&戦術

2021/06/06

月バスSet Play of the Week(168)サンズ

 今週の対戦カードから、1つセットプレーを紹介していくコーナー。

 

 プレーオフで故障者の多いロサンゼルス・レイカーズを追い詰めるフェニックス・サンズ。サンズはクリス・ポールがチームに安定をもたらし、デビン・ブッカーの得点力が勢い付けている。ディレイが主流になっているNBAでポイントガードのボールキャリーがポイントとなるが、以下の紹介するプレーは正にそれを象徴するようなもの。そんなサンズのセカンダリーブレイクを解説していく。

 

【ラインナップ】
①(PG)…クリス・ポール
②(SG)…デビン・ブッカー
③(SF)…ミケル・ブリッジズ
④(SF)…ジョー・クラウダー
⑤(C)…ディアンドレ・エイトン

 

【A-1】
 ディレイから①がボールキャリー、②・③がディープコーナー、④がスロット、⑤がリムランしてセカンダリーブレイクが始まる。
 ①はスプリントバックしているX5の前に入ってジェイル。その隙に⑤が①と交差するようにペイント内へダイブし、スイッチでミスマッチになっているディフェンスをシールする。①は1対1からのプルアップを狙いながら、⑤へフィード。⑤はパワープレーを仕掛ける。

 

※ミニバスからNBAまで幅広いカテゴリーとレベルに対応した会員制バスケットボール指導者向けオンラインサイト『月刊バスケットボール アカデミー』(https://b-academy.net/)がオープン! キーワードから欲しいセットプレーも一発検索できる便利なサイトとなっている。

 

(月刊バスケットボール)


あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください