技術&戦術

技術&戦術

2021/05/23

月バスSet Play of the Week(166)ウォリアーズ

 今週の対戦カードから、1つセットプレーを紹介していくコーナー。

 

 プレーイントーナメントで8位争いを演じたゴールステイト・ウォリアーズとメンフィス・グリズリーズ。ウォリアーズは得点王に返り咲いたステフィン・カリーを中心にゲームを進めたが、当然グリズリーズはカリーを徹底マーク。延長残り4.5秒、ウォリアーズ5点ビハインドでのインバウンズプレーを解説していく。

 

【ラインナップ】
①(PG)…ステフィン・カリー
②(SG)…ジョーダン・プール
③(SF)…アンドリュー・ウィギンズ
④(PF)…ドレイモンド・グリーン
⑤(PF)…ホワン・トスカーノ=アンダーソン

 

【A-1】
 ④がインバウンダー、③が左コーナー、⑤が右ウイングのペイント外側、②がフリースローサークル下側、①がトップに立ってプレーがスタート。
 ②がバックスクリーンをセットし、①がペイントへカット。⑤がフレアスクリーンをセットし、②はそのまま右コーナーへカット(スクリーンスクリナー)。④からのパスをレシーブして3Pシュートを決めた。

 

※ミニバスからNBAまで幅広いカテゴリーとレベルに対応した会員制バスケットボール指導者向けオンラインサイト『月刊バスケットボール アカデミー』(https://b-academy.net/)がオープン! キーワードから欲しいセットプレーも一発検索できる便利なサイトとなっている。

 

(月刊バスケットボール)


あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください