技術&戦術

技術&戦術

2021/05/09

月バスSet Play of the Week(164)キングス

 今週の対戦カードから、1つセットプレーを紹介していくコーナー。

 

 現在ウェスタン・カンファレンス12位で、プレーオフ不出場確定まで首の皮となっているサクラメント・キングス。10位(サンアントニオ・スパーズ)、11位(ニューオーリンズ・ペリカンズ)とは2勝差のため、ここからが踏ん張りどころになる。下位に沈んだオクラホマシティ・サンダーとの一戦で見せたハーフコートセットを解説していく。

 

【ラインナップ】

①(PG)…デロン・ライト

②(SG)…バディ・ヒールド

③(SG)…モーリス・ハークレス

④(PF)…リショーン・ホームズ

⑤(PF)…マービン・バグリー3世

 

【A-1】

 セカンダリーブレイクからそのままオフェンスに入っていく形(ホーンセットからでも可能)。①がボールキャリー、③・②が両コーナー、④・⑤が3Pライン上にダブルドラッグをセットした状態からスタートする。

 ①は2つのスクリーンを使ってドライブを狙いながら左ウイングへ。

 

【A-2】

 アフタースクリーンでダイブする⑤に②がバックスクリーンをセット。“スペインピック”の形になり、④はダウンスクリーンをセットする。スクリーンスクリナーで②がトップへカットし、①からのパスで3Pシュートを狙う。

 

※ミニバスからNBAまで幅広いカテゴリーとレベルに対応した会員制バスケットボール指導者向けオンラインサイト『月刊バスケットボール アカデミー』(https://b-academy.net/)がオープン! キーワードから欲しいセットプレーも一発検索できる便利なサイトとなっている。

 

(月刊バスケットボール)


あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください