技術&戦術

技術&戦術

2021/04/25

月バスSet Play of the Week(162)サンダー

 今週の対戦カードから、1つセットプレーを紹介していくコーナー。

 

 チームを解体し、若手が中心となったオクラホマシティ・サンダー。4月2日のフェニックス・サンズ戦ではテオ・マレドンとアレクセイ・ポクシェフスキーの10代のプレーヤーがそろって20得点以上を挙げるというNBA記録を打ち立てた。今週のトロント・ラプターズ戦ではスターター5人がルーキーと2年目だけで構成される非常に若いプレーヤーばかり。試合のオープニングで見せたセットプレーを解説していく。

 

【ラインナップ】
①(PG)…テオ・マレドン
②(SG)…ルーゲンツ・ドート
③(SG)…ダリアス・ベイズリー
④(C)…アレクセイ・ポクシェフスキー
⑤(C)…モーゼス・ブラウン

 

【A-1】
 ①がボールキャリー、③・②はディープコーナー、⑤・④はスロットを走る“ディレイ”からプレーが始まる。
 ④は①にボールスクリーンを仕掛けるようにピール(ディフェンスをはがす)してカット。⑤は左のハイポスト付近でタイミングを合わせる。①がそのまま右コーナーの②とDHO。①はコーナーへカットする。

 

【A-2】
 ④と⑤は③にスタッガードスクリーンをセット。③はそのスクリーンを使ってウイング方向へカットし、チャンスがあればシュートを狙う。②はDHOからそのままドライブ。ディフェンスの状況を見て、リロケイトした④にキックアウト。④はボールをレシーブして3Pシュートを放った。

 

※ミニバスからNBAまで幅広いカテゴリーとレベルに対応した会員制バスケットボール指導者向けオンラインサイト『月刊バスケットボール アカデミー』(https://b-academy.net/)がオープン! キーワードから欲しいセットプレーも一発検索できる便利なサイトとなっている。

(月刊バスケットボール)


  • zamstインタビュー「戦い続けるために目標に向かって」
  • 3x3女子日本代表インタビュー「気持ちを届ける、想いを託す」
  • インターハイ2021
  • 月バスカップ2021-u15
  • 自費出版のご案内