技術&戦術

技術&戦術

2021/04/18

月バスSet Play of the Week(161)ラプターズ

 今週の対戦カードから、1つセットプレーを紹介していくコーナー。

 

 アトランタ・ホークス対トロント・ラプターズの一戦から。ラプターズは4Q終盤に連続3Pシュートでホークスを猛追。残り7.2秒、103-107の4点差まで追い詰め、ベースラインからのインバウンズプレーとなった。もう1本入れば同点のチャンスが出てくるのだが…。ラプターズのベースラインインバウンズプレーを解説していく。

 

【ラインナップ】
①(PG)…マラカイ・フリン
②(SG)…ゲイリー・トレントJr.
③(SF)…OG・アヌノビー
④(PF)…パスカル・シアカム
⑤(C)…クリス・ブーシェイ

 

【A-1】
 ②がインバウンダー、④・①・③・⑤がトップの3Pライン外側で一列に並んだところから、このプレーは始まる。
 ④がペイント内でカット。③・⑤がスタッガードスクリーンをセットし、①がコーナー付近までスプリントする。②は①からのパスをレシーブして3Pシュートを狙う。①は長い距離を走ってディフェンスを振り切らなければならない。

 

※ミニバスからNBAまで幅広いカテゴリーとレベルに対応した会員制バスケットボール指導者向けオンラインサイト『月刊バスケットボール アカデミー』(https://b-academy.net/)がオープン! キーワードから欲しいセットプレーも一発検索できる便利なサイトとなっている。

(月刊バスケットボール)


あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください