技術&戦術

技術&戦術

2021/04/12

月バスSet Play of the Week(160)ウルブズ

 今週の対戦カードから、1つセットプレーを紹介していくコーナー。

 

 ボストン・セルティックスと延長までもつれたミネソタ・ティンバーウルブズ。今シーズンはウエスタン・カンファレンスの最下位に沈んでいるが、ドラフト1位のアンソニー・エドワーズやカール・アンソニー・タウンズらの個人技には魅了される。試合は惜しくも勝利には至らなかったが、その2人を中心にしたプレーは興味深い。そんなウルブズのクイックヒッターを解説していく。

 

【ラインナップ】

①(PG)…ディアンジェロ・ラッセル

②(SG)…アンソニー・エドワーズ

③(SG)…ジョシュ・オコーギー

④(SF)…ジェイデン・マクダニエルズ

⑤(PF)…カール・アンソニー・タウンズ

 

【A-1】

 トップでボールを保持している①、②・⑤は両ハイポスト、④・③は両コーナーにエントリ―する。②がポップして①からのパスをレシーブ。①は⑤にダウンスクリーンをセットし、トップへ。②からのパスをレシーブする。

 

【A-2】

 ①は続けて②へスクリーンを仕掛け、②は⑤とハンドオフプレー。このときは、ボールレシーブをした⑤が3Pシュートを放った。また、直後には同じプレーから①がそのままゴール下へスリップしている。

 

※ミニバスからNBAまで幅広いカテゴリーとレベルに対応した会員制バスケットボール指導者向けオンラインサイト『月刊バスケットボール アカデミー』(https://b-academy.net/)がオープン! キーワードから欲しいセットプレーも一発検索できる便利なサイトとなっている。

 

(月刊バスケットボール)


あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください