技術&戦術

技術&戦術

2021/03/28

月バスSet Play of the Week(158)セルティックス

 今週の対戦カードから、1つセットプレーを紹介していくコーナー。

 

 毎回、接戦になるボストン・セルティックスvs. ミルウォーキー・バックス戦から。4Q残り2.0秒、119-121で2点ビハインドのセルティックスが、タイムアウト後に行ったベースラインインバウンズプレー。一度目は右サイドからインバウンズし、相手に触れられボールがアウト・オブ・バウンズになり、残り1.0秒で今度は左サイドからインバウンズする状況。残り2.0秒と同じ動きだったが、ディフェンスの対応で動きを変えたところがポイントだった。そんなベースラインインバウンズプレーを解説していく。

 

【ラインナップ】
①(PG)…ケンバ・ウォーカー
②(SG)…マーカス・スマート
③(SG)…ジェイレン・ブラウン
④(SG)…ジェイソン・テイタム
⑤(PF)…ダニエル・タイス

 

【A-1】
 ②がインバウンダー、①・③は両コーナー、④が左エルボー、⑤が右ウイングからプレーは始まる。
 ④・⑤が①・③にダウンスクリーンをセットし、トップへカット。④はスリップするようなタイミングで左コーナーへ。⑤はアフタースクリーンでポップし、②からのパスをレシーブして3Pシュートを放ったが…。
 このプレーは両側でダウンスクリーン後、続けてバックスクリーンで①・③をリングに近い部分でボールレシーブさせることが本来の形である。

 

※ミニバスからNBAまで幅広いカテゴリーとレベルに対応した会員制バスケットボール指導者向けオンラインサイト『月刊バスケットボール アカデミー』https://b-academy.net/)がオープン! キーワードから欲しいセットプレーも一発検索できる便利なサイトとなっている。

 

(月刊バスケットボール)


あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください