技術&戦術

技術&戦術

2021/03/14

月バスSet Play of the Week(157)シクサーズ

 今週の対戦カードから、1つセットプレーを紹介していくコーナー。

 

 イースタン・カンファレンスで1位を走るフィラデルフィア・セブンティシクサーズ。・オールスター明けもベン・シモンズをセーフティープロトコルで欠きながら、好調をキープしている。後半戦のキーポイントはジョエル・エンビードのケガの程度で、しばらくはスモールラインナップで乗り切ることができるか。ゲームのオープニングで使ったハーフコートオフェンスを解説していく。

 

【ラインナップ】

①(PG)…セス・カリー

②(SG)…マティーズ・サイブル

③(SF)…ダニー・グリーン

④(PF)…トバイアス・ハリス

⑤(C)…ジョエル・エンビード

 

【A-1】

 ①がボールキャリー、ウィークサイドのコーナーに③、スロットに④、ボールサイドのダンカースポットに②、ハイポストに⑤が立って、ゲームが始まった。

 ②がトップへカットして①からのパスをレシーブ。②はそのまま④とDHO、その後は①は左、②は右コーナーへカットする。③はウイングへ。

 

【A-2】

 スペースが整ったところで、⑤は④にボールスクリーン。④はスクリーンを使ってジャンプシュート。⑤はアフタースクリーンでポップし、3Pシュートを狙う。

 

※『月刊バスケットボール4月号』では、ディープ3を連発するデイミアン・リラード率いるポートランド・トレイルブレイザーズのガードを中心としたプレーを詳しく紹介! 復活したベテランのカーメロ・アンソニーのプレーにも期待したい。

 

(月刊バスケットボール)


  • zamstインタビュー「戦い続けるために目標に向かって」
  • 3x3女子日本代表インタビュー「気持ちを届ける、想いを託す」
  • インターハイ2021
  • 月バスカップ2021-u15
  • 自費出版のご案内