技術&戦術

技術&戦術

2021/02/07

月バスSet Play of the Week(152)ジャズ

 今週の対戦カードから、1つセットプレーを紹介していくコーナー。

 

 今週、ユタ・ジャズはアトランタ・ホークスに112―91で快勝。近年、ポピュラーになった“ホーンセット”で、ディフェンスの裏を突いて得点したシーンを紹介していく。ガード陣に得点力があるチームには使い勝手が良いかもしれない。

 

【ラインナップ】
①(PG)…マイク・コンリー
②(SG)…ジョーダン・クラークソン
③(SF)…ジョージ・ニアン
④(SF)…ジョー・イングルス
⑤(C)…ルディー・ゴベア

 

【A-1】
 ①がトップでボール保持、④・⑤が両エルボー、③・②が両コーナーに立ち、セットプレーは始まる。
 ⑤は①へボールスクリーン。①は右ウイングへ、⑤はアフタースクリーンでポップして①からのパスをレシーブする。

 

【A-2】
 ④はループして①にバックスクリーンのフェイク。①はそれに合わせて左コーナーへカットする。④はそのまま⑤のハンドオフでドライブを仕掛けてレイアップを決めた。④がスクリーンをセットしようとスピードを緩め、そこから一気にトップスピードでパスをレシーブしているところがポイントになる。

 

※『月刊バスケットボール3月号』では、ようやく八村塁が復帰したワシントン・ウィザーズ。ラッセル・ウェストブルックやブラッドリー・ビールらの活躍もあって勝利が増えてきたプレーを詳しく紹介!

 

(月刊バスケットボール)

あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください