技術&戦術

技術&戦術

2020/11/15

月バスSet Play of the Week(140)サンズ

 今週の対戦カードから、1つセットプレーを紹介していくコーナー。

 

 抜群のゲームコントロールを見せるリッキー・ルビオや得点を量産するデビン・ブッカー、そして若手センターのディアンドレ・エイトンなど、バランスの良い布陣でリスタート後は全勝で注目を浴びたフェニックス・サンズ。そんなシーズン再開後、バブルで見せたラインナップの特徴を生かすクイックヒッターを解説していく。

 

【ラインナップ】

①(PG)…リッキー・ルビオ

②(SG)…デビン・ブッカー

③(SF)…キャメロン・ジョンソン

④(SF)…ダリオ・シャリッチ

⑤(C)…ディアンドレ・エイトン

 

【A-1】
 ボールマンの①がトップ、⑤・③が両エルボー、②・④が両コーナーの典型的なホーンセットだ。まず、⑤が③へダウンスクリーンをセットし、③は左ウイングへカットする。

 

【A-2】
 すぐに左コーナーの②は⑤のディフェンスにバックスクリーンをセット。⑤は①へボールスクリーンに行くと見せかけ、すぐにリング方向へカットする。絶妙なタイミングで①から⑤へのアリウープパスが通って、⑤はそのままダングを決めた。

 各プレーヤーの特徴を生かしたセットで、④のディフェンスがヘルプに行けばキックアウトされて3Pシュートを放たれてしまうことになる。

 

※『月刊バスケットボール12月号』では、NBAファイナルで戦ったロサンゼルス・レイカーズとマイアミ・ヒートのオフェンスをさらに詳しく紹介!

 

(月刊バスケットボール)

  • ロックアイスx千葉ジェッツ「千葉から世界へ」
  • zamstインタビュー「戦い続けるために目標に向かって」
  • 大神雄子「気持ちを届ける、想いを託す」
  • ウインターカップ2021
  • 全中2021
  • インターハイ2021
  • 月バスカップ2021-u15
  • 自費出版のご案内