技術&戦術

技術&戦術

2020/11/01

月バスSet Play of the Week(138)ネッツ

 今週の対戦カードから、1つセットプレーを紹介していくコーナー。

 

 次のシーズンはカイリー・アービングとケビン・デュラントのコンビで旋風を巻き起こしそうなブルックリン・ネッツ。今シーズンとはラインナップは変わりそうだが、シーズン再開後のバブルでのゲームから、スモールボールで3Pシューターを生かしたハーフコートセットを解説していく。

 

【ラインナップ】
①(PG)…クリス・チオーザ
②(SG)…タイラー・ジョンソン
③(SG)…ジョー・ハリス
④(SG)…ティモテイ・ルワウ・キャバロ
⑤(SF)…ロディオンズ・クールッツ

 

【A-1】
 ①がボールキャリー、⑤がトップ、②が右ウイング、④は左ウイング、③は右ミドルポスト辺りからプレーがスタート。
 ①は⑤へパスし、⑤と①でDHO。④は③のクロスコートスクリーンでペイント内へカットする。

 

【A-2】
 ⑤はDHO後、すぐにダイブしてダウンスクリーンをセット。クロスコートスクリーンを仕掛けた③がスクリーンスクリナーで左ウイングへ。①は④へのパスフィードと③の3Pシュートの両方へのパスを狙う。

 

※『月刊バスケットボール12月号』では、NBAファイナルで戦ったロサンゼルス・レイカーズとマイアミ・ヒートのオフェンスをさらに詳しく紹介!

 

(月刊バスケットボール)


あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください