技術&戦術

技術&戦術

2020/09/27

月バスSet Play of the Week(133)ヒート

 今週の対戦カードから、1つセットプレーを紹介していくコーナー。

 

 イースタンカンファレンスのプレーオフ、ボストン・セルティックス対マイアミ・ヒート戦のカンファレンスファイナル第4戦から。とてもシンプルなベースラインインバウンズプレーからの2メンゲームを解説していく。

 

【ラインナップ】

①(PG)…ゴラン・ドラギッチ

②(SG)…ジミー・バトラー

③(SF)…タイラー・ヒーロー

④(PF)…ジョー・クラウダー

⑤(C)…バム・アデバヨ

 

【A-1】

 ②がインバウンダーで⑤はボールサイドのミドルポスト、①・④・③はウィークサイドの3Pラインの外側でスペース保つ。まず、⑤がダックインして②は⑤へパス。②はすぐにハンドオフで⑤からのボールをレシーブする。

 

【A-2】

 ⑤は②にボールスクリーンをセットするが、②はエクスプロージョン。⑤はダイブして②からのパスをレシーブしたが、X3が素早くヘルプしたので③へキックアウトする。次はX4がカバーダウンをしてきたので、すぐに④へエキストラパス。これでオープンとなった。

 

※『月刊バスケットボール11月号』では、2014-15シーズン以来のファーストラウンド突破を果たしたロサンゼルス・クリッパーズのオフェンスを詳しく紹介!

 

(月刊バスケットボール)

  • zamstインタビュー「戦い続けるために目標に向かって」
  • 3x3女子日本代表インタビュー「気持ちを届ける、想いを託す」
  • インターハイ2021
  • 月バスカップ2021-u15
  • 自費出版のご案内