技術&戦術

技術&戦術

2020/08/30

月バスSet Play of the Week(129)サンダー

 今週の対戦カードから、1つセットプレーを紹介していくコーナー。

 

 ウェスタンカンファレンスのプレーオフ1回戦でヒューストン・ロケッツとオクラホマシティ・サンダーが激突。第4戦はオーバータイムにもつれ込み、サンダーが2勝2敗のタイに戻した。4Q残り24.4秒、101-103でサンダーが2点差を追う場面でも見せたベースラインインバウンズプレーを解説していく。

 

【ラインナップ】
①(PG)…クリス・ポール
②(PG)…デニス・シュルーダー
③(SF)…シェイ・キルジャス・アレクサンダー
④(PF)…ルーゲンツ・ドート
⑤(PF)…ダニーロ・ガリナリ

 

【A-1】
 ③がインバウンダー、②・⑤・①・④がほぼ一直線に並ぶ状態からプレーがスタート。
 ⑤が3Pラインの外側へポップし、③からのパスをレシーブ。続けて、①もトップへカットしてボールをレシーブする。

 

【A-2】
 5人全員が3Pライン外側の状況から、右コーナーの④がスプリントして①にボールスクリーン。①はスクリーンを使ってドライブし、インバウンズパス後、すぐコーナーにカットして③へパスする。③はキャッチ&シュートで3Pシュートを決めた。

 

*バックナンバー

★月バスSet Play of the Week(126)レイカーズ

★月バスSet Play of the Week(127)マーベリックス

★月バスSet Play of the Week(128)レイカーズ

 

※『月刊バスケットボール10月号』では、ジェームズ・ハーデンとラッセル・ウェストブルックを中心にプレーオフで戦っているヒューストン・ロケッツのオフェンスをさらに詳しく紹介!

(月刊バスケットボール)


あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください