技術&戦術

技術&戦術

2020/01/19

月バスSet Play of the Week(116)ブレイザーズ

 今週の対戦カードから、1つセットプレーを紹介していくコーナー。

 

 カーメロ・アンソニーが意外にもフィットし、スターターとして活躍しているポートランド・トレイルブレイザーズ。3Pシュートからポストアップまでオールラウンドにプレーするカーメロだが、特にローポストからのムーブで得点するシーンは得意技。そんなカーメロの特徴を生かしたシンプルなクイックヒッターを解説していく。

 

【ラインナップ】
①(PG)…デイミアン・リラード
②(SG)…C.J.マッカラム
③(SG)…ケント・ベイズモア
④(SF)…カーメロ・アンソニー
⑤(C)…ハッサン・ホワイトサイド

 

[A-1]
 ①がボールキャリー、⑤はハイポスト、④(カーメロ)・③が両コーナー、②が右ハイウイングからプレーが始まる。
 ①は⑤へポストフィードする。

 

[A-2]
 ①は⑤とハンドオフせずに、④へダウンスクリーンを仕掛ける。④はディフェンスの状況を見て、この場合はカールカットを選択した。⑤からのパスをレシーブしてハイロープレーの完成。カーメロは得意のバックダウンからのシュートで得点を狙う。

 

 

※『月刊バスケットボール2月号』では、イースタンカンファレンスからジミー・バトラーの加入と若手の活躍で好調のマイアミ・ヒートのオフェンスを紹介!

 

(月刊バスケットボール)


あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください