技術&戦術

技術&戦術

2019/12/29

月バスSet Play of the Week(113)セルティックス

 今週の対戦カードから、1つセットプレーを紹介していくコーナー。

 

 カンファレンス首位のミルウォーキー・バックスを追い掛けるボストン・セルティックス。PGのケンバ・ウォーカーとともに、3年目のジェイソン・テイタムが攻防にわたってチームを引っ張っている。そんなセルティックスがし烈な2位争いを演じているトロント・ラプターズ戦で見せたシンプルなクイックヒッターを解説していく。

 

【ラインナップ】
①(PG)…ケンバ・ウォーカー
②(SG)…ジェイレン・ブラウン
③(SG)…ジェイソン・テイタム
④(SF)…ゴードン・ヘイワード
⑤(PF)…ダニエル・タイス

 

[A-1]
 ①がボールキャリー、⑤が左ミドルポスト、③が左ウイング、④は右コーナーで、②が右ハイウイング辺りからカットして始まる。②は左コーナーへ、すぐに④はトップでボールをレシーブ。①は右ウイングへ。

 

[A-2]
 ⑤がハイポストへフラッシュ。だが、これはフェイクですぐに③のディフェンス(X3)へダウンスクリーンをセットする。③は④からのパスをレシーブして3Pシュート。シンプルだが、緩急とタイミングが非常に重要となる。

 

 

※『月刊バスケットボール1月号』では、ウェスタンカンファレンスで突っ走るレブロン・ジェームズ率いるロサンゼル・レイカーズのオフェンスを紹介!

 

(月刊バスケットボール)


あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • かすみ防災アリーナ
  • 月バスカップ2020-u15
  • macdavid
  • 3x3プロチーム「BEEFMAN.EXE」が選んだ マクダビッドサポーターの必然性
  • ZAMST吉田亜紗美インタビュー
  • B-LEAGUEチャンピオンシップ2019
  • sony-seimei

月刊バスケットボール YouTube

ffd