技術&戦術

技術&戦術

2019/12/22

月バスSet Play of the Week(112)ホークス

 今週の対戦カードから、1つセットプレーを紹介していくコーナー。

 

 若き司令塔のトレイ・ヤングが奮闘しているが、なかなか勝ち星を挙げることができないアトランタ・ホークス(イースタン最下位)。だが、ウェスタンカンファレンスで激走するロサンゼルス・レイカーズをあと一歩のとろろまで追い詰めた。4Q残り15.5秒、96-99の3点ビハンドでホークスの放った3Pシュートは…サイドラインインバウンズプレーからの一連のオフェンスを解説していく。

 

【ラインナップ】
①(PG)…トレイ・ヤング
②(SG)…ビンス・カーター
③(SG)…ディアンドレ・ハンター
④(SG)…キャム・レディッシュ
⑤(C)…アレックス・レン

 

[A-1]
 ①がインバウンダー、④・⑤がローポスト、②が右エルボー、③は左の少し2ガードトップ寄りに立って、このプレーが始まる。
 ③は④へダウンスクリーンを仕掛け、それぞれカット。②はディフェンスをシールしてからポップアストし、①からのパスをレシーブする。

 

[A-2]
 ⑤はインバウンダーの①へバックスクリーン。①はコーナーへフレアカットする。その隙に②はドライブを仕掛け、ディフェンスの状況を見てコーナーへキックアウト。③は3Pシュートを放つが、惜しくも外れた。

 

 

※『月刊バスケットボール1月号』では、ウェスタンカンファレンスで突っ走るレブロン・ジェームズ率いるロサンゼル・レイカーズのオフェンスを紹介!

 

(月刊バスケットボール)


  1. Hеllo, аfter reading this remartkable post i am tooo cheerful tоo shyare mү knowledge here
    witһ colleagues.

あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • かすみ防災アリーナ
  • 月バスカップ2020-u15
  • macdavid
  • 3x3プロチーム「BEEFMAN.EXE」が選んだ マクダビッドサポーターの必然性
  • ZAMST吉田亜紗美インタビュー
  • B-LEAGUEチャンピオンシップ2019
  • sony-seimei

月刊バスケットボール YouTube

ffd