技術&戦術

技術&戦術

2019/12/15

月バスSet Play of the Week(111)サンズ

 今週の対戦カードから、1つセットプレーを紹介していくコーナー。

 

 PGのリッキー・ルビオを獲得し、久しぶりにプレーオフ進出を狙える位置にいるフェニックス・サンズ。得点源のデビン・ブッカーもルビオのアシストで、さらに得点を量産している。そんなシューター(SG)を生かしたハーフコートセットを解説していく。

 

【ラインナップ】
①(PG)…リッキー・ルビオ
②(SG)…デビン・ブッカー
③(SF)…ミケル・ブリッジス
④(SF)…キャメロン・ジョンソン
⑤(SF)…ダリオ・シャリッチ

 

[A-1]
 ⑤がハイポスト、②・③が両ウイング、④がスロット、①がボールキャリーという1‐4ハイセットの変形からプレーは始まる。
 ①は②はパスし、⑤のバックスクリーンを使って、UCLAカット。そのままポストアップして②からのパスをレシーブ。パワープレーを狙う。

 

[A-2]
 パスした②はすぐに④へダウンスクリーンし、④はスクリーンとは反対へカット。続いて⑤もダウンスクリーンをセットして②はすぐにスロットへカットする。①からのキックアウトで3Pシュートを放つ。

 

※『月刊バスケットボール1月号』では、ウェスタンカンファレンスで突っ走るレブロン・ジェームズ率いるロサンゼル・レイカーズのオフェンスを紹介!

 

(月刊バスケットボール)


  • zamstインタビュー「戦い続けるために目標に向かって」
  • 3x3女子日本代表インタビュー「気持ちを届ける、想いを託す」
  • インターハイ2021
  • 月バスカップ2021-u15
  • 自費出版のご案内