技術&戦術

技術&戦術

2019/10/20

月バスSet Play of the Week(103)ウォリアーズ

 今週の対戦カードから、1つセットプレーを紹介していくコーナー。

 

 プレシーズンゲームで2度目の対戦となったゴールデンステイト・ウォリアーズvs.ロサンゼルス・レイカーズから、ウォリアーズに移籍してきたディアンジェロ・ラッセルのドライブを生かしたプレーを解説しよう。

 

【ラインナップ】

※未定

 

[A-1]

 ②(ラッセル)がボールキャリーし、③は左ウイング、⑤は左ローポスト、トップに④(ドレイモンド・グリーン)、右ウイングに①(ステフィン・カリー)が走っている状態から、そのままセカンダリ―でプレーに入っていく。  ②は④へパスし、カット。そのままシャロ―カットのように反対サイドのウイングへ。④からのパスをレシーブする。①はリング方向へカット。

 

[A-2]

 ①は⑤へクロスコートスクリーンを仕掛け、③のダウンスクリーンを使って左ウイングへカットする。⑤は②へフラットスクリーンをセットし、②はそれを使ってドライブ。②は④へボールを戻して、①に3Pシュートを放たせることもできる。

 

※『月刊バスケットボール11月号』では、“FIBAワールドカップ2019”からスペイン、アルゼンチン、フランス、オーストラリアなどのオフェンスを紹介!

 

(月刊バスケットボール)

 

  • ロックアイスx千葉ジェッツ「千葉から世界へ」
  • zamstインタビュー「戦い続けるために目標に向かって」
  • 大神雄子「気持ちを届ける、想いを託す」
  • ウインターカップ2021
  • 全中2021
  • インターハイ2021
  • 月バスカップ2021-u15
  • 自費出版のご案内