技術&戦術

技術&戦術

2019/09/01

月バスSet Play of the Week(96)チームUSA

 男子日本代表が“FIBAワールドカップ2019”の予選リーグで対戦するチームUSA。ともに12名のラインナップも決まり、戦いが近付いてきた。そんなチームUSAがワールドカップ前に行われたカナダとの強化試合で見せた簡単なベースラインインバウンズプレーを解説しよう。

 

【ラインナップ】
①(PG)ケンバ・ウォーカー(ボストン・セルティックス)
②(SG)ドノバン・ミッチェル(ユタ・ジャズ)
③(SF)ジェイソン・テイタム(ボストン・セルティックス)
④(SF)ハリソン・バーンズ(サクラメント・キングス)
⑤(C)マイルズ・ターナー(インディアナ・ペイサーズ)

 

[A-1]
 ①がインバウンズで④はボールサイドのミドルポスト、⑤はハイポスト、③がフリースローサークル辺り、②がトップとほぼ一直線に並んでプレーが始まる。
 まず、③がフェイクからペイント内へディフェンスを押し込む。

 

[A-2]
 すぐに、②が④と⑤のスクリーンを使ってウイングでボールレシーブをして、3Pシュートを放った。シンプルなプレーだけに、タイミングが重要となる。

 

 

※『月刊バスケットボール10月号』では、八村塁(ワシントン・ウィザーズ)をはじめ、日本人プレーヤー4人が出場したNBAサマーリーグ2019のオフェンスを紹介!

 

(月刊バスケットボール)


あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • 月バスカップ2020-u15
  • macdavid
  • 3x3プロチーム「BEEFMAN.EXE」が選んだ マクダビッドサポーターの必然性
  • ZAMST吉田亜紗美インタビュー
  • B-LEAGUEチャンピオンシップ2019
  • sony-seimei

月刊バスケットボール YouTube