技術&戦術

技術&戦術

2019/05/12

月バスSet Play of the Week(80)バックス

 プレーオフのイースタンカンファレンスで奮闘しているミウォーキー・バックス。コート上の5人が誰でも3Pシュートを放つことができる脅威のラインナップで戦うバックスのモーションオフェンス(ブルックリン・ネッツやオーランド・マジックなども使う)を解説しよう。

 

【ラインナップ】
①(PG)エリック・ブレッドソー
②(SG)クリス・ミドルトン
③(SF)ニコラ・ミロティッチ
④(PF)ヤニス・アデトクンボ
⑤(C)ブルック・ロペス

 

[A-1]
 5アウト(③・②コーナー、④左ウイング、⑤トップ、①が右ウイングへボールキャリー)から始まる。
 ④・⑤は左コーナーの③へスタッガードスクリーンをセットし、③はディフェンスの状況を見てカット。ドリブルキャリーしている(これが合図の一種)①からのパスをレシーブしてシュートを放つ(カットの方法やスクリーンはさまざまなオプションがあり、コート図にあるのは一部の基本パターン)。

 

[A-2]
 ドリブルをしないで①から⑤へパスした場合はリバースアクションになり、⑤から④へパス。〈続きを読む


あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

  • ZAMST吉田亜紗美インタビュー
  • インターハイ2019
  • 日本大学
  • B-LEAGUEチャンピオンシップ2019
  • 川崎ブレイブサンダースが選んだ“足首”を支える新アイテム
  • 開志国際

月刊バスケットボール YouTube