技術&戦術

技術&戦術

2019/05/05

月バスSet Play of the Week(79)シクサーズ

 

 プレーオフのイースタンカンファレンスでトロント・ラプターズと激闘を繰り広げているフィラデルフィア・セブンティシクサーズ。シクサーズはレギュラーシーズンでも使っていたシンプルなベースラインインバウンズプレーを解説しよう。

 

【ラインナップ】

①(PG)ベン・シモンズ

②(SG)JJ・レディック

③(SF)ジミー・バトラー

④(PF)トバイアス・ハリス

⑤(C)ジョエル・エンビード

 

[A-1]

 ①がインバウンダー、⑤がボールサイドのミドルポスト、②・③・④はヘルプサイドのフリースローレーンに縦に並ぶ。

 基本的には⑤がポップし、①からのパスをレシーブ。⑤がパワープレーをする。ヘルプサイドは②と③がスクリーンを仕掛け、3人の中央にいる③がコーナーへポップ。当然、ここへパスをして3Pシュートを狙うこともある。

 

[A-2]

 縦に並んでいる3人が③・④・②で③と④がスクリーンし、シューターの②がボールをレシーブするパターンもあった。

 シンプルなプレーだけに、ディフェンスとしては非常に守るのが難しい。

 

 

※『月刊バスケットボール6月号』では、“Mr.トリプルダブル”ラッセル・ウェストブルックやポール・ジョージが活躍するオクラホマシティ・サンダーのさまざまなセットプレーを紹介!

 

(月刊バスケットボール)

 

 


あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

  • ZAMST吉田亜紗美インタビュー
  • 全中2019
  • インターハイ2019
  • 日本大学
  • B-LEAGUEチャンピオンシップ2019
  • 川崎ブレイブサンダースが選んだ“足首”を支える新アイテム
  • 開志国際

月刊バスケットボール YouTube