技術&戦術

技術&戦術

2019/04/28

月バスSet Play of the Week(78)ジャズ

 プレーオフ1回戦(第3戦)でヒューストン・ロケッツと戦っているユタ・ジャズ。残り10.1秒、99-102の3点差の場面で行われたサイドラインインバウンズプレーを解説しよう。

 

【ラインナップ】
①(PG)リッキー・ルビオ
②(SG)ドノバン・ミッチェル
③(SF)カイル・コーバー
④(PF)ジョー・イングルス
⑤(C)ルディー・ゴベア

 

[A-1]
 ボックスセットの変形で①がインバウンダー、②が左ローポスト付近、④が左ウイング、③が右エルボー付近、⑤が右ローポストから一歩外側へ出た辺りからプレーが始まる。
 ⑤がスクリーンをセットし、それを使った②が⑤をカールするようにカットしてスクリーンをセットする。③はその2つのスクリーンを使うようにリング方向へ。

 

[A-2]
 ③もスクリーンを使うと見せかけ、⑤と②をカールしてⅩ2へスクリーン。最後は②がウイングへポップして①からのパスをレシーブし、3Pシュートを放った。

 

 

※『月刊バスケットボール6月号』では、“Mr.トリプルダブル”ラッセル・ウェストブルックやポール・ジョージが活躍するオクラホマシティ・サンダーのさまざまなセットプレーを紹介!

 

(月刊バスケットボール)


あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください