技術&戦術

技術&戦術

2019/04/21

月バスSet Play of the Week(77)ウォリアーズ

 プレーオフ1回戦でロサンゼルス・クリッパーズと戦うゴールデンステイト・ウォリアーズ。今回はクレイ・トンプソンにポストフィード後の3Pシュートをさせるハーフコートセットを解説しよう。

 

【ラインナップ】

①(PG)ショーン・リビングストン

②(SG)クイン・クック

③(SF)クレイ・トンプソン

④(PF)アンドレ・イグドーラ

⑤(C)アンドリュー・ボーガット

 

[A-1]

 ①がボールキャリー、③は右ウイング、⑤は右ミドルポスト、④はトップ、②が左ウイングからこのプレーは始まる。

 まず、①と③がドリブルハンドオフし、①は反対サイドへクリアアウト。⑤はダックインして、③からのパスをレシーブする。

 

[A-2]

 ④は③へスクリーンして③はダイブし、④はポップアウト。⑤はパワープレーを狙いながら、④へパスを返す。③はポストアップしていた⑤のスクリーンを使ってコーナーへ。④は③へパスして3Pシュートを放たせる。

 

 

※『月刊バスケットボール5月号』では、シュート力のあるビッグマンがそろっているミルウォーキー・バックスのさまざまなセットプレーを紹介!

 

(月刊バスケットボール)


あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事